國學院大學博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 國學院大學博物館
Kokugakuin University Museum
施設情報
前身 考古学陳列室(1928年開設)
神道学資料室(1963年開設)
専門分野 考古学
神道
収蔵作品数 約11万点
来館者数 63,679人(2016年度)[1]
館長 笹生衛國學院大學教授
学芸員 3名(2017年度)[1]
研究職員 2名(2017年度)[1]
延床面積 1613.99㎡(展示室)
開館 2013年
所在地 150-8440
東京都渋谷区4-10-28
國學院大學学術メディアセンター(AMC)地下1階
位置 北緯35度39分22.72秒
東経139度42分40.18秒
座標: 北緯35度39分22.72秒 東経139度42分40.18秒
最寄駅 渋谷駅
最寄バス停 都営バス 国学院大学前
外部リンク 國學院大學博物館
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

國學院大學博物館(こくがくいんだいがくはくぶつかん)は、東京都渋谷区國學院大學渋谷キャンパス内にある博物館。考古展示室・神道展示室・校史展示室・企画展示室の4つの展示室からなる。

概要[編集]

國學院大學博物館は、1928年昭和3年)に当時國學院大學の学部1年生であった樋口清之博士が、自身の収集品を寄付し創設した[2]考古学陳列室(後の考古学資料室・考古学資料館)と、1963年(昭和38年)創立の神道学資料室(後の神道資料展示室・神道資料館)を淵源とし、両組織を統合した学術資料館や伝統文化リサーチセンター資料館の設置を経て、2013年平成25年)に発足した。日本文化の講究に必要な文化財を収集・保存し、学術的な研究成果を一般に公開するとともに、広く学内外の研究教育活動に資することを目的としている[3]

所蔵資料は約11万点あり、年間5〜6回の企画展・特別展を開催している。また、ミュージアムトークやワークショップも随時開催し、教育普及事業、博物館連携事業などを通して國學院大學の研究成果と日本文化の発信の拠点となっている[4]。常設展示は前身の文物を受け継ぎ、3つのゾーンに分かれている。

考古ゾーン[編集]

姉崎二子塚古墳出土 石枕
(国の重要文化財

主な展示

神道ゾーン[編集]

主な展示資料

江戸時代1718年享保3年)修補)

作者不明

現代

  • 男神像・女神像

室町時代後期

  • 『年中行事絵巻』

江戸時代後期か(18~19世紀)

再現

校史ゾーン[編集]

國學院およびその設立母体である皇典講究所関連の資料や、國學院大學所蔵の資料・コレクションを展示する。

主な展示資料

明治時代

  • 有栖川宮幟仁親王告諭

1882年(明治15年)11月4日

明治時代

ミュージアムショップでは、当博物館で開催した展覧会の図録や関連書籍、オリジナルグッズ、大学グッズ等を販売している。

デジタル・ミュージアム[編集]

デジタル・ミュージアムは、國學院大學における研究成果を学内外で研究・教育に利用できるようにすることを目的に、研究者、学生、一般までの幅広い利用者を想定して作られた様々なデータベースの集合体(各種の学術データベース、オンライン事典、デジタル・ライブラリーなどを含む)である。英語韓国語など日本語以外の言語で利用できるデータベースも含み、個別のデータベースの管理運営担当者との協力のもと、大学の研究開発推進機構・日本文化研究所の総合プロジェクトが中心となって運営している。

開館時間[編集]

  • 午前10時~午後6時

入館は午後5時30分まで。土・日・祝含み通年開館。館内保守及び大学の定めによる不定期休館日あり。 ミュージアムショップの営業は午前10時30分~午後5時30分。

入館料[編集]

  • 無料

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 國學院大學博物館事業報告書”. 2019年8月12日閲覧。
  2. ^ 國學院大學博物館学研究室”. 2019年8月19日閲覧。
  3. ^ 國學院大學博物館 当館の概要”. 2019年8月10日閲覧。
  4. ^ 國學院大學博物館”. InternetMuseum. 2019年8月10日閲覧。