國武大紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
くにたけ だいき
國武 大紀
生誕 (1972-05-04) 1972年5月4日(47歳)
日本の旗 日本滋賀県長浜市
住居 千葉県の旗 千葉県
国籍 日本の旗 日本
出身校 ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス組織心理学修士課程修了
神戸市外国語大学国際関係学科卒業
滋賀県立虎姫高等学校卒業
職業 実業家
元外交官(OECD日本政府代表部一等書記官)
元JICA(国際協力機構)管理職
エグゼクティブコーチ
組織変革コンサルタント
名古屋大学大学院元客員准教授
作家
身長 174 cm (5 ft 9 in)

國武大紀(クニタケダイキ、1972年5月4日 - )は、日本の実業家コンサルタント元外交官滋賀県長浜市出身(現在は千葉在住)。株式会社Link of Generation代表取締役。血液型O型。

経歴・人物[編集]

コンサルタントとして独立開業しており、数々のメディアに著書などを取り上げられている。[1][2][3]

生い立ち[編集]

1972年、滋賀県長浜市生まれ。滋賀県長浜市で高校時代まで過ごす。[4]

高校・大学時代[編集]

高校は地元の進学校へ。学園祭で漫才をしたり、体育祭で応援団長を務めたりと青春を謳歌した。そして、尊敬する英語の担任の先生の影響を受け、神戸市外国語大学国際関係学科へ入学。硬式テニス部に入り、関西で第13シードを獲得している。その後、阪神淡路大震災で被災するも九死に一生を得て卒業。[5]

大学卒業後[編集]

第一勧業銀行現みずほ銀行)に入行するが、1年半で退社。バーテンダー土木作業員を経験後、英語学習塾の講師として子供達に英語を教える。その後、JICA(国際協力機構)に就職。発展途上国の国際協力に携わる。世界40カ国以上のグローバル・リーダーをパートナーとして、発展途上国の組織変革やリーダー人材育成といった計300件を超える国際協力プロジェクトを遂行。JICAとJBIC(国際協力銀行)の組織統合事業などにも従事し、組織の将来ヴィジョンや制度設計、戦略立案を担当した。ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスにて組織心理学の修士号を取得。リーダーシップ理論、モチベーション理論、チーム・ビルディング、意思決定論、組織変革論、組織文化ナレッジ・マネジメント等を学ぶ。JICA労働組合の執行委員長として、数々の組織改革を実行。名古屋大学大学院(国際協力研究科)にて客員准教授として、海外から留学生を指導。2013年から2年間、外務省(OECD日本政府代表部)に出向し、外交官(一等書記官)として活躍。日本政府の国際協力に関する政策立案や国際交渉に携わる。[6]

現在[編集]

現在は、エグゼクティブコーチング、自己実現コーチング、およびプロコーチ養成などを行うほか、リーダ―シップ開発や組織変革を専門とするコンサルタントとして活動している。[7][8]

肩書[編集]

学歴[編集]

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス組織心理学修士課程修了
神戸市外国語大学国際関係学科卒業
滋賀県立虎姫高等学校卒業

資格[編集]

名古屋大学大学院(国際開発研究科) 元客員准教授(2011年~2013年)
日本能率協会マネジメントセンター認定パートナーコンサルタント
元社団法人Coaching College認定プロフェッショナル・コーチ
NLP(神経言語プログラミング)プラクシテョナ―取得(全米NLP協会認定)
LAB(言語と行動)プロファイリング・プラクティショナー取得(全米NLP協会認定)

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]