國玉丸 (1940年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
國玉丸
基本情報
船種 貨物船
クラス 船級名なし
船籍 東京市/東京都
所有者 玉井商船
運用者 玉井商船
Flag of Japan.svg 陸軍省
建造所 播磨造船所相生工場
姉妹船 こがね丸(日本海運
しろがね丸(日本海運)
まがね丸(日本海運)
あかがね丸(日本海運)
乾進丸乾汽船
乾安丸乾汽船
神光丸(神陽汽船)
岩木丸北日本汽船/大阪商船
航行区域 遠洋
船級 帝国海事協会
信号符字 JGWM
IMO番号 48023(※船舶番号)
経歴
起工 1940年3月14日
進水 1940年11月22日
竣工 1941年1月31日
最後 1943年11月11日被雷沈没
要目 ([注釈 1])
総トン数 3,127 トン
排水量 4,800 重量トン
全長 96.0m
14.0m
深さ 7.5m
満載喫水 6.39m[注釈 2]
ボイラー 播磨筒型円缶 2基
主機関 三連成レシプロ蒸気機械 1基
推進器 1軸
出力 2,201 指示馬力
最大速力 13.511ノット
航海速力 11.0ノット[注釈 2][注釈 3]
旅客定員 一等6名[注釈 2]
乗組員 45名[注釈 2]
その他 兵装[注釈 3]
野砲機銃2挺
端艇3隻[注釈 2]
テンプレートを表示

國玉丸(くにたままる)[注釈 4]は、かつて玉井商船[注釈 5]が運行していた貨物船陸軍省により徴傭され、輸送任務中に撃沈された。

船名は、玉井商船が運行した船としては唯一のもの。

船歴[編集]

玉井商船から播磨造船所に発注され、1940年3月24日、播磨造船所相生工場で建造番号297番船として起工。11月22日、進水。1941年1月31日、同所で竣工。

11月11日、在広州第二十三軍に対し、台湾から砂糖90トンを輸送。

1942年4月2日、シンガポール第二十三師団独立工兵第二十六連隊第二中隊第四小隊を乗船させ、モールメンへ輸送。

12月から第二十三軍杉浦支隊のアンボン、ミミカなど豪北方面への進出に従事。

1943年2月18日、スラバヤ第五師団歩兵第十一連隊の一部を乗船させる。19日、第1号駆潜艇の護衛を受け、アンボンへ向けスラバヤ発。21日、船団はサンゲアン島北5カイリの地点でアメリカ潜水艦スレッシャーの攻撃を受け、本船の右舷に魚雷1本命中。本船の右舷正横800mに位置していた桑山丸も被雷し、こちらは沈没した。本船は桑山丸の遭難者368名を収容し、アンボンへ向かった。

11月4日、第4号掃海特務艇の護衛を受け、バボへ向けアンボン発。6日、バボ着。10日、アンボンへ向けバボ発。11日、ケラン水道北口[注釈 6]でアメリカ潜水艦カペリンの攻撃を受けて被雷し、沈没した。沈没の際、便乗者船員あわせて9名の犠牲者を出した。生存者90名は、第4号掃海特務艇に収容された。

脚注[編集]

注釈
  1. ^ 注釈なき限り『播磨50年史』p. 422およびpp. 458-459による。
  2. ^ a b c d e 『昭和十七年版 日本汽船名簿』による。
  3. ^ a b 昭和18年7月1日付 海軍省秘第51号『海上交通保護用船名簿』による。
  4. ^ 船名読みは『昭和十七年版 日本汽船名簿』による。
  5. ^ 合併を繰り返し、2015年末時点では商船三井
  6. ^ 遭難地点は第二十四特別根拠地隊戦時日誌(昭和18年11月1日-30日)による。船舶運営会『喪失船舶一覧表』ではボルネオ島クチン沖、全日本海員組合『戦没した船と海員の資料館』ではセラム島ブラ北東90km 南緯02度40分 東経131度12分 / 南緯2.667度 東経131.200度 / -2.667; 131.200の地点としている。
脚注

参考文献[編集]

  • 陸軍省
    • 昭和16年12月12日付 臺灣軍 臺軍作第548号 『波集団に対する兵站業務援助実施の件報告』。
    • 独立工兵第二十六連隊第二中隊 『第二十三師団「マグエ」「エナンジョン」攻略水路戦闘詳報』。
    • 昭和18年2月21日付 歩兵第十一連隊 『輸送船桑山丸会敵戦闘詳報』。
  • 海軍省
    • 昭和18年7月1日付 海軍省秘第51号『海上交通保護用船名簿』。
    • 第二砲艦隊戦時日誌。
    • 第二十三特別根拠地隊戦時日誌。
    • 第二十四特別根拠地隊戦時日誌。
  • 逓信省運輸通信省
    • 『昭和十七年版 日本汽船名簿』。
    • 海務院 『昭和十七年度 日本船名録』。
    • 海運総局 『昭和十八年度 日本船名録』。
  • 『石川島播磨重工業社史 沿革・資料編』、石川島播磨重工業、1992年。
  • 『戦没した船と海員の資料館』[1]全日本海員組合
  • 『喪失船舶一覧表』、船舶運営会
  • 『播磨50年史』、播磨造船所、1960年。