國見山悦吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
國見山 悦吉 Sumo pictogram.svg
基礎情報
四股名 國見山 悦吉
本名 松下 悦吉
生年月日 (1876-03-28) 1876年3月28日
没年月日 (1924-09-25) 1924年9月25日(48歳没)
出身 高知県土佐郡
身長 178㎝
体重 132㎏
BMI 41.66
所属部屋 友綱部屋
成績
最高位 大関
幕内戦歴 111勝29敗24分5預91休
データ
初土俵 1894年1月場所
入幕 1900年1月場所
引退 1912年5月場所
引退後 年寄・放駒
備考
テンプレート  プロジェクト 相撲

國見山 悦吉(くにみやま えつきち、1876年(明治9年)3月28日 - 1924年(大正13年)9月25日)は、大相撲力士である。最高位は大関高知県土佐郡(現在の高知市)出身。本名は松下→河野→松下悦吉。身長178cm、体重132kg。得意手は上突っ張り、右四つ、寄り。

来歴[編集]

愛媛県炭鉱出稼ぎしていたところその巨体と怪力を知った板垣退助が誘い友綱部屋に入門、明治27年1月場所、鏡川の四股名初土俵明治32年1月場所新十両明治33年1月場所新入幕。明治34年5月場所、7勝2敗の好成績で明治35年1月場所小結明治36年1月場所、関脇に昇進し8勝1敗、その後、好成績が続き明治38年1月場所、9戦全勝の最優秀成績をあげ、翌5月場所に荒岩とともに大関に昇進した。

恰幅がよく均整のとれた体格で離れてよし組んでよしの取り口。小兵力士を扱うのが上手く、下位に対する取りこぼしも少なく実力は横綱級と言われ昇進を期待されたが、明治41年5月に膝を脱臼してからは衰えに向かい果たせなかった。膝の脱臼は癖になってしまい思うように活躍できず、晩年は引分(取組中に脱臼しての痛分も含む)が増えた。明治45年5月場所を最後に引退、年寄放駒を襲名。

大正6年11月29日の夜に國技館が炎上した際には当直だったため即座に消火器を持って消火活動に当たった。火災は非常に激しいものであり、大火傷昏睡、浅草の明治病院に搬送され回復後にはその行動を賞賛された。大正9年5月、場所後に廃業。大正13年9月25日に亡くなった。

色白の美男力士として人気が高く、明治43年9月に毎日電報社が日本一の美男を決めようとした際には、候補とされ見事当選した。

成績[編集]

  • 幕内在位:26場所(うち大関15場所、関脇5場所、小結2場所)
  • 幕内成績:111勝29敗24分5預91休 勝率.793
  • 大関成績:53勝12敗17分3預65休 勝率.815

改名歴[編集]

四股名[編集]

  • 鏡川悦吉
  • 國見山悦吉

年寄名[編集]

  • 放駒悦吉

関連項目[編集]