國重惇史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

國重 惇史(くにしげ あつし、1945年12月23日 - )は、日本実業家楽天証券社長、同社会長、楽天銀行社長、同社会長、楽天副会長などを歴任した。

人物・経歴[編集]

山口県生まれ。1968年東京大学経済学部卒業、住友銀行(現三井住友銀行)入行。渋谷東口支店長、審議役などを経て、1991年本店営業第一部長に就任。1993年丸の内支店長。1994年取締役に昇格。1995年日本橋支店長。1997年本店支配人東京駐在。同年住友キャピタル証券副社長[1][2]

1999年からディーエルジェイディレクト・エスエフジー証券(現楽天証券)社長を務め、楽天三木谷浩史会長に同社の売却を提案し西川善文三井住友銀行頭取との間を仲介[3]

売却に伴い楽天グループ入りし、2005年楽天副社長に就任。2006年楽天証券会長。2008年イーバンク銀行(現楽天銀行)社長。2012年楽天銀行会長[1][2]。楽天グループのM&Aなどを担った。2014年楽天副会長に就任も、同年「一身上の都合」で退任[4][5]。2015年リミックスポイント社長[2][1]

特記事項[編集]

同氏は、暴力団との癒着についての疑義がある[6]

著書[編集]

脚注[編集]


先代:
(新設)
楽天証券(旧DLJディレクトSFG証券)社長
1999年 - 2006年
次代:
楠雄治
先代:
平本公秀
楽天クレジット(旧あおぞらカード)社長
2004年 - 2006年
次代:
穂坂雅之
先代:
(新設)
楽天証券ホールディングス社長
2006年 - 2007年
次代:
高澤廣志
先代:
松尾泰一
楽天銀行(旧イーバンク銀行)社長
2008年 - 2012年
次代:
永田俊一
先代:
三木谷浩史
楽天銀行(旧イーバンク銀行)会長
2012年 - 2014年
次代:
永田俊一