園基任

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
園基任
時代 安土桃山時代 - 江戸時代初期
生誕 元亀4年1月11日1573年2月13日
死没 慶長18年1月13日1613年3月4日
官位 正四位上参議左大臣
主君 正親町天皇後陽成天皇後水尾天皇
氏族 藤原北家中御門流園家
父母 父:園基継
基音、東園基教、光子後水尾天皇典侍)、柳原茂光室、文英尼京極忠高後室)
特記
事項
後光明天皇の外祖父
テンプレートを表示

園 基任(その もとただ/もととう)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての公卿園家12代当主。官位は正四位上参議(薨去後左大臣追贈)。左近衛中将・園基継の子。後光明天皇の外祖父に当たる。

略歴[編集]

天正12年(1584年)に叙爵。以降累進して、侍従左近衛少将左近衛中将蔵人頭を経て、慶長17年(1612年)に参議となり、公卿に列する。しかしその翌年に薨去している。享年41。

長女・光子後水尾天皇後宮に入っており、光子の産んだ皇子は後光明天皇として即位する。そのため、基任は後光明天皇の外戚にあたり、後光明天皇の即位後の正保2年(1645年)には左大臣を追贈されている。その後、後光明天皇は若くして崩御するが、この時の縁で基任の子・基音の娘である国子(新広義門院)も後水尾天皇の典侍として召され、国子の産んだ皇子は霊元天皇として即位する。続けて二人も天皇生母を輩出した園家は以降大いに繁栄していく事となる。

系譜[編集]

出典[編集]

先代:
園基継
園家
12代
次代:
園基音