園田プリンセスカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
園田プリンセスカップ
開催国 日本の旗 日本
主催者 兵庫県競馬組合
競馬場 園田競馬場
創設 1999年9月29日
2019年の情報
距離 ダート1400m
格付け 重賞II
賞金 1着賞金500万円
出走条件 サラブレッド系2歳牝馬オープン・地方競馬全国交流
負担重量 定量(54kg)
出典 [1]
テンプレートを表示

園田プリンセスカップ(そのだプリンセスカップ)は兵庫県競馬組合が施行するサラブレッド系2歳牝馬限定の重賞競走平地競走)である。距離はダート1400m。正式名称は「スポーツニッポン新聞社賞 園田プリンセスカップ」、スポーツニッポン新聞社が優勝杯を提供している。

概要[編集]

1999年に兵庫県競馬がサラブレッド系競走を開始するに伴い、中央競馬阪神ジュベナイルフィリーズトライアル競走に出走する、東海北陸近畿中国地区代表馬を選定するために新設された。設立当時は指定競走で、2005年から重賞に格上げされている。

競走名は園田競馬場で施行していたため園田プリンセスカップであったが、2006年姫路競馬場での施行に伴い姫路プリンセスカップ(ひめじプリンセスカップ)に変更された。2007年には再び園田競馬場の開催に戻り競走名も戻った。また2007年は馬インフルエンザの影響により兵庫所属馬のみで行われた。

2010年からは地方競馬全国交流競走として施行されると共にGRANDAME-JAPAN・2歳シーズンの第1戦に指定された[2]

条件・賞金(2019年)[編集]

出走条件
サラブレッド系2歳牝馬、地方全国交流で他地区所属馬の出走枠は5頭と定められている[1]
負担重量
定量(54kg)
賞金額
1着500万円、2着140万円、3着70万円、4着50万円、5着40万円[3]

歴代優勝馬[編集]

回数 施行日 競馬場 優勝馬 所属 馬場 タイム 優勝騎手 管理調教師 1着賞金
第1回 1999年9月29日 園田 ミスサプライズ 西脇 1:30.4 尾林幸二 利国彦一 350万円
第2回 2000年9月27日 姫路 ホエールハーバー 園田 1:31.4 岩田康誠 上田伸夫 300万円
第3回 2001年9月26日 園田 クインキャスト 園田 1:31.0 小牧太 曾和直榮 300万円
第4回 2002年9月25日 園田 ネイビーズドーター 園田 1:32.0 尾林幸二 稻田彰宏 300万円
第5回 2003年9月25日 園田 ヤマカツスミレ 西脇 不良 1:28.2 岩田康誠 岡田利一 300万円
第6回 2004年9月22日 園田 キヌガサアジュディ 金沢 稍重 1:29.6 蔵重浩一郎 松川史朗 300万円
第7回 2005年9月28日 園田 ティーサー 西脇 1:30.4 板野央 野田忍 300万円
第8回 2006年9月28日 園田 ホクザンパラダイス 園田 1:32.5 木村健 松川史朗 250万円
第9回 2007年9月26日 園田 タッカールーラー 園田 稍重 1:30.5 川原正一 住吉朝男 200万円
第10回 2008年9月24日 園田 エンドスルー 園田 1:31.9 下原理 清水正人 200万円
第11回 2009年9月24日 園田 アートオブビーン 西脇 1:30.7 北野真弘 野田学 200万円
第12回 2010年9月22日 園田 リジョウクラウン 西脇 1:31.8 竹村達也 溝橋一秀 250万円
第13回 2011年9月22日 園田 アスカリーブル 西脇 不良 1:31.1 大柿一真 田村彰啓 250万円
第14回 2012年9月19日 園田 カツゲキドラマ 笠松 不良 1:29.8 尾島徹 柴田高志 250万円
第15回 2013年9月19日 園田 カクシアジ 北海道 1:30.7 川原正一 田中淳司 250万円
第16回 2014年9月18日 園田 トーコーヴィーナス 園田 1:31.5 小谷周平 吉行龍穂 250万円
第17回 2015年9月17日 園田 ランランラン 北海道 不良 1:29.0 川原正一 田中淳司 250万円
第18回 2016年9月21日 園田 ナンネッタ 園田 1:28.9 大山真吾 吉行龍穂 300万円
第19回 2017年9月21日 園田 サラヒメ 北海道 1:32.2 吉村智洋 角川秀樹 350万円
第20回 2018年9月20日 園田 リリコ 園田 不良 1:29.4 吉村智洋 田中範雄 350万円
第21回 2019年9月26日 園田 スティローザ 船橋 1:30.2 吉原寛人 矢野義幸 500万円

出典[編集]

  1. ^ a b 第21回園田プリンセスカップ出走予定馬”. 園田・姫路競馬場 (2019年9月18日). 2019年9月23日閲覧。
  2. ^ web Furlong 2013【グランダム・ジャパン特集】第15回 園田プリンセスカップ”. 地方競馬全国協会. 2015年9月18日閲覧。
  3. ^ 11R 園田プリンセスC 重賞2|2019年9月26日(木)15回園田2日”. JBISサーチ. 2019年9月23日閲覧。