圓川隆夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

圓川隆夫(円川隆夫、えんかわ たかお、1949年11月27日- )は、日本の経営工学者、東京工業大学名誉教授。

来歴[編集]

山口県生まれ。1975年東京工業大学大学院修士課程経営工学専攻修了、1980年「市場品質の数量化と品質の展開への応用」で工学博士。1975年東工大助手、1980年東京工業大学経営工学科助教授、1988年教授となり[1]、2016年定年退任、名誉教授、職業能力開発総合大学校校長に就任する[2]

著書[編集]

  • 『多変量のデータ解析』朝倉書店 経営工学ライブラリー 1988
  • 『トータル・ロジスティクス 生販物統合化のキーポイント』工業調査会 1995
  • 『オペレーションズ・マネジメントの基礎 現代の経営工学』朝倉書店 経営システム工学ライブラリー 2009
  • 『我が国文化と品質 精緻さにこだわる不確実性回避文化の功罪』日本規格協会 2009

共編著[編集]

  • 『消費者からみた耐久消費財の製品評価』秋庭雅夫共著 日刊工業新聞社 1986
  • 『SQC理論と実際』宮川雅巳共著 朝倉書店 シリーズ<現代人の数理> 1992
  • 『CALSの実像 コストダウンの決めて 21世紀に生き残るためのビジネス・インフラストラクチャー』共著 日経BP出版センター 1995
  • 『生産マネジメントの手法』伊藤謙治共著 朝倉書店 シリーズ<現代人の数理> 1996
  • 『製品開発論』安達俊行共著 日科技連出版社 社会理工学シリーズ 1997
  • 『次世代交通カード革命 汎用電子乗車券・電子マネー時代の切り札』編 NTT出版 1998
  • 『生産管理の事典』黒田充,福田好朗共編 朝倉書店 1999
  • 『おはなし新商品開発 事例で分かるCRTや新商品開発スコアカードの威力!』入倉則夫,鷲谷和彦共編著 日本規格協会 2007
  • 『顧客満足CSの科学と顧客価値創造の戦略 グローバル生産文化と日本文化の強みを生かすものコトづくり発想』フランク・ビョーン共著 日科技連出版社 2015
  • 『戦略的SCM 新しい日本型グローバルサプライチェーンマネジメントに向けて』編著 日科技連出版社 2015

論文[編集]

脚注[編集]