圓龍寺 (豊橋市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
圓龍寺
所在地 愛知県豊橋市神野新田町字ツノ割30
位置 北緯34度44分40.6秒
東経137度20分31.9秒
座標: 北緯34度44分40.6秒 東経137度20分31.9秒
山号 神富山
宗旨 真宗大谷派
法人番号 4180305002645
テンプレートを表示
山門正面から本堂

圓龍寺(えんりゅうじ)は、愛知県豊橋市神野新田町字ツノ割30にある、真宗大谷派の寺院。

山号神富山(かんとみさん)で新田町字ソノ割20にある牟呂神富神明社神富に由来する。

神野新田を開拓した神野金之助が入植してきた住民の心のよりどころとして、また住民統理のために私財を投入して建立したものである。[1]

本尊ほか[編集]

  • 本尊は『阿弥陀如来像』である。[2]
  • 『本尊祖師七構想』(伏見よりの請来)。[3]
  • 本山から『祖師御影』と『同絵伝』を下附を受ける。[4]

概要[編集]

1896年(明治29年)4月15日をもって竣成した神野新田は神野金之助が開拓したものであり、入植者の心の支えと統理のため『住民統理の三策』として神野金之助が実行したものの1つである。

三策とは神社の新設、学校の新設、寺院の建立であり、一番時間を要したのか寺院の建立であった。

寺院建立までの前提[編集]

後に神野新田となる海中の洲は1888年(明治21年)に山口県人の毛利祥久(よしひさ)が干拓工事(通称は毛利新田)を起工したが、再三再四の災害に会い工事を断念し[5]、1893年(明治26年)に神野金之助が全てを買い取り新田の開拓を1896年(明治29年)に完成させた。[6]

1890年(明治23年)毛利新田の時代に豊橋大谷派別院が新設した説教所は1892年(明治25年)の破堤により全て漂流し、その後牟呂村の本村地内に移した説教所で同派豊橋別院より毎月一度僧侶を派遣し説教会を実施していたが、破堤により入植者の生活が破綻し入植者の多くが離散して説教会が成り立たなくなっていた。

寺院建立の経緯[編集]

神野金之助は1893年(明治26年)に干拓工事を開始し、1896年(明治29年)の完成を待たずして、説教所を廃止して、字ツノ割30に寺院の建立を決意し、大谷派本山執事の渥美契縁師等に寺院建立を相談した。

寺院の新設は規則上容易には許可が得られないので困窮したが、京都府の伏見に無住で廃寺同様なった圓龍寺[7]という寺院があり、その寺籍を譲受け、その後に寺院移転の認可を得るのが都合が良いとの話となり、豊橋別院の輪番船見の惠眼師と協議した。

協議の結果、前の大谷派説教所を廃止し、更に土地の準備として新田内の字ツノ割に寺院の境域を二千坪と定め、惠眼師を圓龍寺の住職として圓龍寺を当方に移すが、そのお堂を初め一切の建物、並びに永代維持金等は神野金之助が寄附することと定めた。

1895年(明治28年)9月に京都伏見にある圓龍寺の移転を東本願寺並びに京都府と愛知県に出願し、1896年(明治29年)8月31日に移転の許可を受け、同時に管長に請いして一躍した別除音地の寺格[8]を得ることになった。

その後寺院の建立を進めたが、巨大な木材の入手と運搬に年月がかかり、1904年(明治37年)4月15日 の完成となった。

なお、1906年(明治39年)10月に本願寺法主現如上人の特命により、宮部円成(1854年-1934年)が初代住職となる[7]

宮部円成は明治・大正を代表する大説教者である。

寺院の建物と敷地ほか[編集]

境内2千坪に下記の建物を建設した。

  • 本 堂 1宇(奥行15間、梁行12間)
  • 庫 裏 1棟 
  • 書 院 1棟 
  • 鐘楼堂 1宇
  • 玄 関 1棟
  • 外廻廊初め附属の建物

干拓地のため突然の津波等があった場合には避難所となるよう、地面のかさ上げと外周の囲いは出来限り堅牢に仕上げたとのこと。[9]

圓龍寺建立の詳細年表[編集]

  • 1624年(寛永元年)11月、京都伏見鑓屋町に創建、年代不明に火災にあい復興されないままであった[7]
  • 1888年(明治21年)に山口県人の毛利祥久が毛利新田の開拓を起工した。[10]
  • 1890年(明治23年)、豊橋大谷派別院[11]により毛利新田に説教所を新設した。
  • 1892年(明治25年)、毛利新田の堤防が高潮にて決壊し説教所が流失、その後説教所を牟呂村本村に移した[12]
  • 1893年(明治26年)、毛利新田が再三再四の天災に会い開発を断念し、神野金之助が全てを買い取り開拓を開始した。
  • 1894年(明治27年)頃から、説教所を廃止して新田内のツノ割に寺院を建立することを検討し決定した。
  • 1895年(明治28年)9月、京都伏見にある圓龍寺の移転を東本願寺並びに京都府と愛知県に出願した。
  • 1896年(明治29年)8月31日、圓龍寺移転の許可を受けると同時に管長に懇願し別助音地の寺格を得る。
  • 1899年(明治32年)、径3尺の梵鐘鋳造鐘楼を新築、本堂始め材料収集に着手。
  • 1901年(明治34年)10月16日、地鎮と起工式を実施。
  • 1902年(明治35年)、山城国紀伊郡伏見町字鈴屋町に有った『圓龍寺』の移転手続きを実施。[13]
  • 1902年(明治35年)10月13日、立柱式。
  • 1903年(明治36年)4月15日、上棟式
  • 1904年(明治37年)4月15日、完成。
  • 1906年(明治39年)10月、宮部円成(1854年-1934年)が初代住職となる[7]

神野金之助と宗教[編集]

神野金之助は幼い頃より宗教心に厚く、熱心な真宗の信者であり、後に東本願寺の顧問にもなっており、『大谷派本願寺の勅使門[6]』は神野・富田の両家が寄進したものである。

また、文化財に指定されている『大谷派本願寺の鐘楼堂再建』も神野金之助の寄進によるものである[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 今泉鐸次郎 (1908年5月(明治41年)). 県外模範事業視察記(千百余町歩の神野新田). 北越新報社. 
  2. ^ 豊橋百科事典”. 豊橋市. 2019年2月1日閲覧。
  3. ^ 豊橋百科事典”. 豊橋市. 2019年2月1日閲覧。
  4. ^ 豊橋百科事典”. 豊橋市. 2019年2月1日閲覧。
  5. ^ 豊橋市立商業学校 (1943). 開校廿周年記念東三河産業功労者伝(毛利祥久). 豊橋市立商業学校. 
  6. ^ a b c 豊橋市立商業学校 (1943). 開校廿周年記念東三河産業功労者伝(神野金之助). 豊橋市立商業学校. 
  7. ^ a b c d 豊橋百科事典”. 円竜寺. 豊橋市. p. 84 (2006年). 2019年2月7日閲覧。
  8. ^ 上善明寺の歴史(寺格、巡讃)”. 真宗大谷派 房島御坊 上善明寺. 2019年2月1日閲覧。
  9. ^ 今泉鐸次郎 (1908年(明治41年)). 県外模範事業視察記『千百余町歩の神野新田』. 北越新報社. 
  10. ^ 豊橋市立商業学校 (1943年(昭和18年)). 東三河産業功労者伝『毛利祥久)』. 豊橋市立商業学校. 
  11. ^ 真宗大谷派豊橋別院”. 真宗大谷派岡崎教区. 2019年1月18日閲覧。
  12. ^ 神野金之助(編) 1904.
  13. ^ 愛知県渥美郡 編 (1923). 渥美郡史. 正編. 愛知県渥美郡. 

参考文献[編集]