土井利剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

土井 利剛(どい としかた、享保18年(1733年) - 安永2年4月30日1773年6月19日))は、下総国古河藩の嫡子。藩主土井利里の養子。

5000石を領した大身旗本・久世広武の四男。母は五井松平忠根の娘。官位は従五位下、遠江守。子は娘(青山忠裕正室)、娘(土井利国正室のち本多忠奝継室のち五島盛運継室)。

土井利里の養子となり、明和2年(1765年)に徳川家治に初御目見し叙任する。しかし、家督相続以前の安永2年(1773年)に早世した。代わって、川越藩から利建が養子に入り、嫡子となった。