土井利実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
土井利実
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 元禄3年(1690年
死没 元文元年11月26日1736年12月27日
別名 宮内(通称
戒名 宝真院殿前大倉令真誉寂照堪然大居士
墓所 東京都府中市紅葉丘の誓願寺
官位 従五位下、出雲守、大炊頭
肥前国唐津藩
氏族 土井氏
父母 父:土井利益
正室:阿部正邦の娘
利武、養子:利延

土井 利実(どい としざね)は、肥前唐津藩の第2代藩主。土井家宗家6代。

生涯[編集]

元禄3年(1690年)、初代藩主土井利益(当時は志摩鳥羽藩主)の長男として生まれる。正徳3年(1713年)、父の死去により家督を継いで唐津藩主になる。藩政においては儒者である稲葉迂斎を登用して儒学を奨励し、学問の発展に尽力し、享保8年(1723年)には藩校盈科堂を創設している。しかし迂斎を重用し、政治顧問的な立場にまで用いたため、譜代の重臣から反発を受け、重臣による主導権争いも起こった。

享保17年(1732年)には享保の大飢饉で大被害を受け、幕府の援助を受けている。元文元年(1736年)11月26日に江戸で死去した。享年47。長男の利武は早世していたため、養子の利延が跡を継いだ。

著書に「盈科堂記」がある。また、藤原広嗣の祟りを恐れ、その霊をなぐさめようとしたとも言われる。