土井利広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

土井 利広(どい としひろ、旧字体:利廣 天明元年(1781年) - 文化9年7月29日1812年9月4日))は、江戸時代後期の下総古河藩主・土井利厚嫡男である。従五位下、周防守。娘に土井利亨正室。

天明元年(1781年)、利厚の三男として生まれる。

寛政7年(1795年)、将軍徳川家斉に初御目見し叙任するも、家督相続前の文化9年(1812年)に早世した。享年22。代わって、三河刈谷藩の分家から利位が養子に迎えられ、家督を継いだ。