土井利義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
土井 利義
時代 江戸時代後期
生誕 安永6年6月27日1777年7月31日
死没 文政元年6月4日1818年7月6日
別名 銀之助(幼名)
諡号 笠州
戒名 対松院殿信誉涼風漣漪居士
墓所 東京都府中市紅葉丘の誓願寺
福井県大野市錦町の善導寺
官位 従五位下、右京亮、中務少輔、甲斐守、
造酒正
越前大野藩主
氏族 井伊氏土井氏
父母 父:井伊直幸、母:池崎氏(大魏院)
養父:土井利貞
兄弟 井伊直尚、井伊直寧、井伊直富井伊直中井伊直広真田幸専土井利義、井伊直明、井伊直容、井伊直致、俊姫
婚約:土井利貞の娘・松
正室:岡部長備の娘・栄香院
側室:河合氏、中井氏、亀尾、道
4男7女:利忠(長男)、堀田利金(次男)、
江島利豊、娘(土井利器正室のち三宅康明正室)、
娘(多羅尾純門室)、養子:利器

土井 利義(どい としのり)は、越前大野藩の第5代藩主。利房系土井家5代。

安永6年(1777年)6月27日、近江彦根藩主・井伊直幸の十男として彦根で生まれる。寛政3年(1791年)5月、大野藩第4代藩主・土井利貞の四女・松と婚約し、利貞の婿養子となる。寛政4年(1792年)12月、従五位下、右京亮に叙任する。寛政5年(1793年)に中務少輔に転任する。寛政9年(1797年)に松が早世すると、岡部長備の娘である栄香院と結婚した。

文化2年(1805年)11月8日、利貞の隠居で家督を継ぐ。文化5年(1808年)2月に甲斐守に転任する。文化6年(1809年)12月に造酒正に転任する。文化7年(1810年)3月10日、当時はまだ実子の利忠は生まれていなかったため、養子の利器に家督を譲って隠居した。文政元年(1818年)6月4日に江戸目白下の下屋敷で死去した。享年42。

文武両道の名君で、善政に尽くしたと言われている。