土井垣武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
土井垣 武
Takeshi Doigaki 1950 Scan10004.jpg
毎日オリオンズ時代(1950年撮影)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鳥取県米子市
生年月日 (1921-07-21) 1921年7月21日
没年月日 (1999-01-25) 1999年1月25日(77歳没)
身長
体重
164 cm
64 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手一塁手三塁手外野手
プロ入り 1940年
初出場 1940年
最終出場 1957年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 阪神タイガース (1963 - 1964)

土井垣 武(どいがき たけし、1921年7月21日 - 1999年1月25日)は、鳥取県米子市出身の元プロ野球選手捕手)・コーチ解説者評論家

後に若松(わかまつ)と改姓。なお、姓の読みはどいがきではなく正しくはどいかいとと読むと言うが、なかなか正しく読んでもらえず、そのまま「どいがき」で通したと言う[1]

両リーグ分立前後を代表する捕手で、1947年から1952年まで6年連続でベストナインを獲得。熱血的な性格からニューヨーク・ヤンキースの往年の名捕手にあやかって和製ヨギ・ベラと呼ばれた。末弟にパシフィック・リーグ審判を長らく務めた土井垣幸男がいる。

経歴[編集]

幼い頃から大阪鉄道局米子野球部のマスコット的存在として可愛がられていた。旧制米子中学校では下級生の時から主軸を打ち、5年生時の1939年夏の甲子園で主将としてベスト8に進出したが、嶋清一真田重蔵擁する海草中に敗れた(このとき主に遊撃を守っていたのが、1期後輩の長谷川善三)。下級生の時は、2期先輩の木下勇ともバッテリーを組んでいた。

1940年大阪タイガース契約金500円で入団。正捕手・田中義雄の控えとして一塁や三塁を守った。戦後の1946年打率.325でリーグ3位に輝く活躍を見せ、「ダイナマイト打線」と呼ばれた大阪の打撃陣の中で、3番・別当薫、4番・藤村富美男クリーンナップを構成し5番を打った。1948年も打率.285でリーグ8位に入ると、1949年には打率.328(リーグ4位)、本塁打16本、打点86と自己最高の成績を記録。また、当時の大阪投手陣の若林忠志御園生崇男らエース級投手をリードして、屋台骨を支えた。

1949年オフに毎日オリオンズに移籍。この移籍は10年選手制度によるもので、移籍理由は大阪フロントに対する不信感であり、土井垣は「先輩選手への球団の冷たい対応を見て不信感を持った。新生球団に捕手生命を懸けたい」と語っている[2]。この移籍について、若林・別当・呉昌征本堂保次大館勲らと同調したとされることがあるが、移籍決定時期も時系列的に若林らより前で、移籍は土井垣単独で決めたことであり、若林は土井垣の移籍を全く予期していなかった。なお、この大量移籍に際して大阪が残留要請をしたのは土井垣だけだったという[2]

移籍した1950年に打率.322でリーグ5位に入る活躍を見せ、日本シリーズでは松竹ロビンスを破り初代日本一に貢献した(この時の監督は米子中の先輩にあたる湯浅禎夫)。その後も五番を打って1952年まで6年連続でベストナイン捕手を獲得し続ける。1953年に92試合の出場に留まって打率.264と成績を落とすと、1954年に毎日はハワイからチャーリー・ルイスを獲得したことから、土井垣は東映フライヤーズに移籍する。東映では鈴木圭一郎から正捕手の座を奪い四番に入ってチームトップの打率.289(リーグ11位)と復活するが、翌1955年は鈴木と併用されるようになって、オフには自由契約となる。1956年から阪急ブレーブスでプレーし、1958年限りで現役引退。

引退後は朝日放送解説者報知新聞運動部記者を経て、阪神の二軍バッテリーコーチ(1963年)・一軍打撃コーチ(1964年)を務めた。

その後は京都市西陣西陣織を扱う「若松」創業者で染色図案家である、初代若松華瑶(わかまつ かよう)の娘の舞踊家(現;2代目若松華瑶)と結婚と同時に若松家に養子縁組し、その後「若松」の3代目社長を務めた。また並行して近畿放送(現:京都放送)の解説者を務めていた時期もあったが、1999年1月25日に肺炎で死去。満77歳没。

選手としての特徴[編集]

強肩強打で気の強い捕手として、戦前の巨人の捕手であった吉原正喜の再来と称される。本人も、手本にしたのは吉原であり、すべて吉原の技術から学んだと述べている[3]

ファーストミット並みの薄いミットを愛用し、リード・キャッチング・スローイングのいずれにも優れた。また、ややバットを寝かせ気味にしたフォームからの右中間狙いのバッティングで高打率を残した[4]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1940 阪神
大阪
22 47 41 0 8 1 0 0 9 7 0 -- 0 0 6 -- 0 2 -- .195 .298 .220 .517
1941 71 219 194 13 44 8 0 1 55 18 0 -- 3 -- 22 -- 0 11 -- .227 .306 .284 .589
1942 72 311 277 37 69 6 8 1 94 23 9 0 0 -- 34 -- 0 11 -- .249 .331 .339 .670
1946 99 449 412 70 134 16 10 4 182 70 8 5 0 -- 37 -- 0 19 -- .325 .381 .442 .823
1947 116 493 429 50 111 17 8 2 150 47 16 7 2 -- 59 -- 3 25 -- .259 .352 .350 .702
1948 138 586 544 56 155 38 5 4 215 70 14 9 2 -- 39 -- 1 29 -- .285 .334 .395 .729
1949 126 517 473 78 155 26 7 16 243 86 4 11 0 -- 41 -- 3 18 -- .328 .385 .514 .899
1950 毎日 112 473 428 64 138 18 2 15 205 72 16 6 0 -- 44 -- 1 20 9 .322 .387 .479 .866
1951 103 416 370 39 99 13 2 8 140 60 6 8 1 -- 43 -- 2 24 9 .268 .347 .378 .725
1952 119 479 422 55 125 25 5 13 199 72 7 7 3 -- 50 -- 4 34 18 .296 .376 .472 .848
1953 92 334 314 19 83 14 1 6 117 43 0 5 3 -- 16 -- 1 21 4 .264 .302 .373 .675
1954 東映 139 529 464 52 134 26 4 7 189 56 6 7 2 4 57 -- 2 37 14 .289 .366 .407 .774
1955 115 321 286 13 73 8 0 1 84 21 0 2 5 4 25 2 1 28 10 .255 .313 .294 .607
1956 阪急 78 129 118 5 22 4 0 1 29 8 1 0 2 0 8 1 1 14 3 .186 .244 .246 .490
1957 11 12 11 0 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 1 0 0 5 0 .091 .167 .091 .258
通算:15年 1413 5315 4783 551 1351 220 52 79 1912 654 87 67 23 8 482 3 19 298 67 .282 .350 .400 .750
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 阪神(阪神軍)は、1946年に大阪(大阪タイガース)に球団名を変更

表彰[編集]

記録[編集]

節目の記録
  • 1000試合出場:1953年4月29日 ※史上18人目
その他の記録

背番号[編集]

  • 19 (1940年 - 1942年、1946年 - 1953年)
  • 23 (1954年 - 1955年)
  • 25 (1956年 - 1958年)
  • 60 (1963年 - 1964年)

関連情報[編集]

出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『週刊ベースボール』2012年3月26日号 P72
  2. ^ a b 『日本プロ野球トレード大鑑』74頁
  3. ^ 『巨人軍最強の捕手』晶文社 澤宮優 2003P110
  4. ^ 『日本プロ野球 歴代名選手名鑑』147頁

参考文献[編集]

関連項目[編集]