土井宏昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 陸上競技
アジア競技大会
2002 釜山 ハンマー投
2006 ドーハ ハンマー投
2010 広州 ハンマー投
アジア陸上競技選手権大会
2002 コロンボ ハンマー投
2003 マニラ ハンマー投
2005 仁川 ハンマー投
2007 アンマン ハンマー投
2011 神戸 ハンマー投
東アジア競技大会
2005 マカオ ハンマー投
2009 香港 ハンマー投

土井 宏昭(どい ひろあき、1978年12月2日 - )は、日本の陸上競技選手。専門はハンマー投大阪世界選手権日本代表。釜山アジア大会ハンマー投げ銀メダリスト、ドーハアジア大会ハンマー投げ銅メダリスト。千葉県印西市出身。身長180cm、体重135kg。

本埜中学校東京学館総合技術高等学校中京大学体育学部卒業。2003年4月にファイテン株式会社に入社。その後2008年12月31日付でファイテン陸上部が廃部になり、チームミズノアスレティックを経て、千葉陸上競技協会に所属。2011年シーズンはITカンファー投擲部所属。[1][2]。2012年4月より流通経済大学に職員として勤務。[3]

来歴[編集]

2000年から日本インカレ3連覇。2002年の釜山アジア大会では、金メダルを獲得した室伏広治に続いて2位となり、日本勢でのワンツーフィニッシュを実現。日本選手権9年連続(2002年-2010年)で室伏に次ぐ2位の成績を残している。2006年のドーハアジア大会では、室伏が故障で欠場したため金メダル獲得が期待されたが、69m45にとどまり銅メダルに終わった。2007年6月、大阪世界選手権参加標準記録Bを突破する74m08をマーク。その後の日本選手権でも室伏に次ぐ2位に入り、世界選手権を決めた。2011年3月で日本陸連の支援が打ち切られるため、引退の危機にあった[4]が、2011年シーズンは元ハンマー投げ選手が経営するITカンファーに所属。10年連続2位をかけた日本選手権では惜しくも3位となってしまい、記録が途切れてしまった。 2012年からは流通経済大学に職員として勤務、同大の陸上部でもコーチとして指導にあたっている。

記録[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 東日本実業団陸上競技連盟/歴代の記録/ハンマー投げ”. 東日本実業団陸上競技選手権連盟. 2011年2月3日閲覧。にある「土井せんべい」は実家である。
  2. ^ ゆめ半島千葉だより vol.12(2010年8月発行) - Vol.12 (PDF)”. ゆめ半島千葉国体実行委員会. 2011年2月3日閲覧。
  3. ^ ハンマー投げは土井が10連覇(2012.5.20 サンケイスポーツ)”. サンケイスポーツ. 2012年5月20日閲覧。
  4. ^ 2011年1月6日『なるみ・ブラマヨの叫びまショウ!〜これを知らないなんて!どうかしてるぜ!〜』(ABCテレビ)

関連項目[編集]