土井美加

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
どい みか
土井 美加
本名 土井 美加[1]
生年月日 (1954-08-04) 1954年8月4日(66歳)
出身地 日本の旗日本宮城県仙台市
身長 155cm
血液型 O型
職業 女優声優ナレーター
ジャンル 舞台テレビドラマ吹き替えアニメゲームナレーション
活動期間 1975年[2] -
事務所 ムーブマン
公式サイト プロフィール
主な作品
演劇
ハムレット
夏の夜の夢
『明暗』
『トタン屋根の女』
アルジャーノンに花束を
キャラクター・ボイス
デイジーダック』(DCVI:日本語版)
アニメーション映画
ふしぎの国のアリス
王様の剣
バグズ・ライフ
超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか
テンプレートを表示

土井 美加(どい みか、1954年8月4日[3] - )は、日本女優声優ナレーター宮城県仙台市出身。

来歴・人物[編集]

宮城学院中学校・高等学校関東学院女子短期大学を卒業[4]文学座附属演劇研究所、現代演劇協会附属総合芸術学院を経て、

1979年より財団法人現代演劇協会』附属劇団』に所属[5]2003年2月に昴を退団。フリーとなり、個人事務所『トモダチ』を開設[6]

演劇プロデュース集団『演劇婦人商会わたらっぱん』を主宰[7]2011年7月よりムーブマン所属[8]

ミッション系の女子校に通い、当初はバレー部に所属するも1年で退部。1年生の時に観たウィリアム・シェイクスピアロマンス劇テンペスト』をやってみたいと思い、演劇部に入る。100人以上の部員がいる人気の部活動という事もあり、発声や早口言葉などの基礎を先輩から厳しく指導される[6]

中学2年生の時、文化祭で『アンネの日記』の主役を演じる。学校の礼拝堂での上演後、アメリカ人の宣教師の先生から手を握られ、泣きながら感動を伝えられる。この時の思いが嬉しい体験として心の中に残り、芝居をする事の楽しさを知る。また、自分が一生懸命になれる事に気が付く[9]。演劇が来るような学校だったので、観劇後に役者と対談出来る際には必ず参加するようになる。

高校生の時には、自分達で作ったシナリオで芝居を上演し、脚本や演出も行う。文学座の公演『飢餓海峡』を観て、太地喜和子の演じる姿に憧れを抱く[2]。高校卒業後、横浜市内にあるミッション系の女子短大に進学する。

短大を卒業する頃、「このまま仙台に帰ってしまうよりは、一回だけ文学座を受けてみよう」と思い立つ。

この2年間は何もやっていない事もあり、期待薄の受験であった。しかしながら、合格し、それでは「10年頑張ろう」と目標を定める。1年後の選考では落ちてしまうも、当初の決意は揺らがず、新たな進路を探す事とする。現代演劇協会の附属劇団の一つであった『』にいた友人にも勧められ、後身の昴を受験する[2]

昴について[編集]

研究生の時、劇団の勧めで参加した東北新社のオーディションに合格し、芝居と声優を同時進行で学ぶ[10]

当時、声の仕事をする人間を新しく育てようという機運が業界全体に存在しており、制作会社から劇団などに広く呼び掛けが行われていた。付いていた講師は、演出家の佐藤敏夫伊達康将。週1回程度で研修が始まるが、ディレクターの多忙でレッスン時間の確保が難しくなって行く。実践で覚える方針に変更された為、様々な番組のオーディションを受ける。TVシリーズ『がんばれ!ベアーズ』のアマンダ役に選ばれ、劇団の本公演に立つよりも先にデビューが決定する[9]。アマンダを演じて行く中で、声の仕事の難しさと魅力に惹かれて行き、沢山やりたいと思うようになる。ベアーズの出演後、仕事が増え、忙しい時期が訪れる[11]

劇団への正式所属後、舞台やテレビドラマ、吹き替えなどに加え、アニメの仕事にも取り組む。

タツノコプロ作品『タイムボカンシリーズ』のオーディションに合格し、初のレギュラー出演の機会を得る。折しもアニメブーム声優ブームの気運があり、他の事務所のマネージャーから参加者を募集している事を伝えられる。かねてより「アニメもやりたいな」と意欲があれどもきっかけが無く、「その方がいなかったら、アニメをやっていないと思うんですよ」という巡り合わせであった。翌年に出演した『超時空要塞マクロス』のヒロイン・早瀬未沙が当たり役となる(第6回アニメグランプリ 女性キャラクター部門1位)[2]ディズニー作品『ふしぎの国のアリス』などの海外アニメの吹き替えも担当する。

役者を志した際に目標とした10年よりも早く、芝居を始める契機でもあるシェイクスピア劇への出演を果たす。

協会の理事長であり、劇団の主宰・福田恆存の演出で悲劇ハムレット』のオフィーリアを演じる[12]。翌年には喜劇夏の夜の夢』にハーミア役で出演する[13]。また、同演出の最後の上演となった木庭久美子の作『父親の肖像』では、主演を務める[14]

声の出演依頼も継続され、吹き替えでは、ジュリア・ロバーツメグ・ライアンジョディー・フォスターサンドラ・ブロックシガニー・ウィーバーなどの女優を担当[15]ミッキー&フレンズのメンバーであるデイジーダックの日本語版専属声優も務める。

その後の演劇活動においては、菊池准の演出で上演された『アルジャーノンに花束を』のオリジナル・メンバーとなる。再演を重ねて、劇団の財産演目へと成長して行く[16]。福田恆存回顧公演として三作品が連続上演された際には、詩劇『明暗』に出演。作者の実妹をモデルに理想化されたヒロインの一人を演じる[17]

プロデュース公演にも参加し、イプセン現代劇連続上演では、毛利三彌の演出で社会劇『ノーラ、または人形の家』に出演する。

独立について[編集]

演劇プロデュース集団・演劇婦人商会わたらっぱんの代表を務め、演劇公演を制作する[18]

旗揚げ公演では、東多江子の作『トタン屋根の女』を上演する[19]。第2回公演では、『よりそう』と題して新作を書き下ろし、2作を連続上演。今後も追いかけていくテーマとする[20]。また、被災地となった故郷・仙台での公演『えっちゃんの"街" 〜東一番丁物語〜』を企画し、様々な思いを胸に刻む[21]

一方、久保田万太郎の作『鶴亀』や三島由紀夫の作『近代能楽集』などの創作劇にも取り組む[22]マルセ太郎の喜劇作品では、昴在籍時に外部出演した『イカイノ物語』を契機とし、以後も『花咲く家の物語』といった諸作に出演する[23]。新たな趣向として『蟲師』を原作とした2.5次元舞台や声優口演などにも参加して行く[24]

10年先、20年先に立ち、幅広く活動を続ける先輩役者を目標とし、演劇・声優・ナレーションなどで活躍している[11][25]

エピソード[編集]

特技は4歳の頃より習い始めた日本舞踊で、藤間流名取の腕前。義太夫三味線もたしなむ[26]

憧れた女優は、太地喜和子李麗仙[6]唐十郎の状況劇場も好きで、友人たちが誰も興味が無い中で、いつも一人で観劇に行っていたとのこと[6]

ディズニー[編集]

かつては、江原正士と共にディズニービデオのナレーション吹き替えを務め、デイジーダックをはじめ複数のキャラクターも演じていた。

しかし現在、土井や江原がナレーションを務めた時代のビデオは、土井がアリス役を担当した『ふしぎの国のアリス』などごく一部を除いて全て廃盤となっている。近年視聴が可能なソフトは、土井がほぼデイジーダック専任となって以降のものか、ブエナ・ビスタ版のものである。

出演(女優)[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

年度不詳

1976年

1981年

1982年

1983年

1984年

1985年

  • 夏の夜の夢(1985年 - 1986年、ハーミア) - 作:ウィリアム・シェイクスピア 演出:福田恆存/樋口昌弘[13]

1988年

1990年

1992年

  • Road-ロード-(モーリー/クレア) - 作:ジム・カートライト 演出:西川信廣

1993年

  • お気に召すまま(シーリア) - 作:ウィリアム・シェイクスピア 演出:リチャード・E・T・ホワイト/クリスティン・サンプション

1994年

1995年

  • カモメたちの晩夏(水野文恵) - 作:ザ・サード・ステージ/西川信廣 演出:西川信廣
  • ザ・カヴァルケイダーズ(ブレイダ) - 作:ビリー・ローチ 演出:菊池准

1996年

  • 修道女(アルパジョン修道院長) - 作:ドゥニ・ディドロ 演出:村田元史
  • 明暗(河野祥枝) - 作:福田恆存 演出:村田元史[17]

1997年

1998年

  • プレイング・フォア・タイム-命を奏でて-(エステル) - 作:アーサー・ミラー 演出:村田元史

1999年

  • 空騒ぎ(ヒーロー) - 作:ウィリアム・シェイクスピア 演出:菊池准

2000年

2001年

  • イカイノ物語(2001年、2014年、町子) - 作・演出:マルセ太郎 演出代行:永井寛孝、演出:永井寛孝

2002年

2003年

  • 桜の樹の下で(よし子) - 作:コメオン工房
  • 眠れぬ夜(今井の母井出) - 原案:米山公啓 作・演出:鯨エマ

2004年

  • 恋の片道切符(矢作朱美) - 作・演出:堤泰之
  • 鶴亀(お芳) - 作:里見弴 脚色:久保田万太郎 演出:大間知靖子
  • トタン屋根の女(長沢絵美子) - 作:東多江子 演出:森さゆ里[19]

2005年

  • 花も嵐も旅芝居(金子みすず) - 作:マルセ太郎 演出:永井寛孝

2006年

  • 愛さずにはいられない(石原洋子) - 作・演出:堤泰之

2009年

  • a Suite 〜ア・スイート(ローリーの母) - 作:ニール・サイモン 演出:藤田淑子水下きよし
  • しぶとさは三文の得!笑う門にはつるかめ荘(玉川みさ) - 作:マルセ太郎 演出:永井寛孝

2010年

  • よりそう〜パート1「シャンソンしてて日が暮れて」(関屋悦子) - 原案:土井美加 脚本:シノさん&わたらっぱん 演出:塩塚晃平
  • よりそう〜パート2「よりそう」(女) - 作・演出:塩塚晃平

2012年

  • えっちゃんの"街" 〜牛タン、笹かま、七夕シャンソン〜(えっちゃん) - 原案:土井美加 脚本:シノさん 演出:永井寛孝
  • 小さなエイヨルフ(鼠ばあさん・リータ) - 作:ヘンリック・イプセン 演出:毛利三彌

2013年

  • えっちゃんの"街" 〜東一番丁物語〜(えっちゃん) - 原案:土井美加 脚本:シノさん 演出:永井寛孝
  • 「誤認の女」-ダブルバージョン- - 作・演出:三ツ矢雄二 [31]

2015年

2017年

  • プラネタリウム語り芝居 〜宮沢賢治『双子の星』〜(語り手) - 作:宮沢賢治 演出:小林拓生
  • 三島由紀夫の世界vol.1 〜近代能楽集『葵上』〜(六条康子) - 作:三島由紀夫 演出:小林拓生

2018年

  • 花咲く家の物語 - 作:マルセ太郎 演出:永井寛孝[23]
  • 蟲師・音楽夜話『蟲音・奏』 - 原作:漆原友紀 企画・音楽:増田俊郎[33]

出演(声優)[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1977年
  • まんが日本絵巻(お梅、おそめ、皇女和宮(幼年)、琴、さなえ、栴檀皇女、千姫(7歳時)、鎮西八郎為朝(幼年)、藤太郎、紫式部(幼年))
1978年
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
  • それいけ!アンパンマン(1993年 - 1999年、かげろうちゃん、さくらもちねえさん〈2代目〉、おしんこ巻きくん〈初代〉、バッテラさん)
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2017年
2018年
2019年
2020年

劇場アニメ[編集]

1984年
1989年
1990年
1994年
1997年
  • ソリトンの悪魔(秋華)
2002年
2004年
2005年
  • あした元気にな〜れ! 半分のさつまいも(かあちゃん)
  • ガラスのうさぎ(西山シゲ)
2008年
2009年
2012年
2018年
2019年

OVA[編集]

1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2001年
2004年
  • 影Shadow(葵、彩貴)※アダルトアニメ
2005年
2010年

Webアニメ[編集]

  • 亡念のザムド(2008年、須磨子[46]
  • サクラ革命 〜華咲く乙女たち〜 スペシャルアニメ(2020年、青島きりん)

ゲーム[編集]

1992年
1997年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2013年
2014年
2015年
2016年
2018年
2019年

オーディオドラマ[編集]

歌曲[編集]

吹き替え[編集]

女優[編集]

エリザベス・パーキンス
  • ヒー・セッド、シー・セッド/彼の言い分、彼女の言い分(ローリー)
  • ビッグ(スーザン)※ソフト版
  • わが心のボルチモア(アン・ケイ)
カレン・アレン
シャロン・ストーン
ジュリア・ロバーツ
ジュリアン・ムーア
ジョーン・キューザック
ショーン・ヤング
  • 愛と野望のブロードウェイ(アリアドニ)
  • 今ひとたび(ティッシュ・コジンスキー)
  • 恐竜伝説ベイビー(スーザン・マシューズ=ルーミス)※バンダイ版
ニコール・キッドマン
ホリー・ハンター
メグ・ライアン
メラニー・グリフィス

映画[編集]

ドラマ[編集]

アニメ[編集]

特撮[編集]

その他[編集]

参考文献[編集]

  • 月刊OUT』1983年10月号 - みのり書房、71 - 76頁(プロフィールインタビュー)

脚注[編集]

  1. ^ 『日本タレント名鑑(2003年版)』VIPタイムズ社、2003年4月25日、634頁。ISBN 978-4-9901242-1-2。
  2. ^ a b c d 『超時空要塞マクロス』のヒロイン・早瀬未沙と私 - 声優・土井美加 (2) 早瀬未沙との出会い | マイナビニュース2015年1月28日閲覧
  3. ^ 社団法人日本劇団協議会加盟団体名鑑 2002, p=106. 2019年9月1日閲覧。
  4. ^ えっちゃんの"街" 〜東一番丁物語〜”. せんだいメディアテーク. 2018年7月30日閲覧。
  5. ^ a b 日本財団図書館(電子図書館)「クリスマスキャロル」パンフレット 財団法人 現代演劇協会”. nippon.zaidan.info. 2018年4月7日閲覧。
  6. ^ a b c d 『超時空要塞マクロス』のヒロイン・早瀬未沙と私 - 声優・土井美加 (1) お芝居好きな子ども時代のこと | マイナビニュース2015年1月28日閲覧
  7. ^ 【声優の履歴書】第65回『るろうに剣心』高荷恵、『超時空要塞マクロス』早瀬未沙を演じた土井美加 - リアルライブ2015年1月28日閲覧
  8. ^ 土井美加公式サイト トモダチ 写真日記・バックナンバー2015年1月28日閲覧
  9. ^ a b 土井美加の声優道 1| 先輩から学ぼう! | 声優グランプリweb2015年1月28日閲覧
  10. ^ 私を育ててくれた「声優」という仕事 | ほのぼの制作日記 | 吹替洋画劇場”. ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント. 2018年8月1日閲覧。
  11. ^ a b 『超時空要塞マクロス』のヒロイン・早瀬未沙と私 - 声優・土井美加 (5) 今後について、そして若い人たちへ | マイナビニュース2015年1月28日閲覧
  12. ^ a b 1984年 昭和59年 上演作品”. 財団法人 現代演劇協会. 2018年8月1日閲覧。
  13. ^ a b 1985年 昭和60年 上演作品”. 財団法人 現代演劇協会. 2020年1月19日閲覧。
  14. ^ a b 1988年 昭和63年 上演作品”. 財団法人 現代演劇協会. 2020年1月19日閲覧。
  15. ^ 土井美加の声優道 2| 先輩から学ぼう! | 声優グランプリweb2015年1月28日閲覧
  16. ^ a b 1990年 平成2年 上演作品”. 財団法人 現代演劇協会. 2018年8月1日閲覧。
  17. ^ a b 1996年 平成8年 上演作品”. 財団法人 現代演劇協会. 2020年1月19日閲覧。
  18. ^ 演劇婦人商会『わたらっぱん』旗揚げ公演 トタン屋根の女”. 土井美加事務所・トモダチ. 2018年8月2日閲覧。
  19. ^ a b 公演情報『トタン屋根の女』” (日本語). www.theaterx.jp. 2018年7月18日閲覧。
  20. ^ わたらっぱん第2回公演 よりそう”. 土井美加事務所・トモダチ. 2020年1月25日閲覧。
  21. ^ 「えっちゃんの“街”〜東一番丁物語〜」仙台公演”. 土井美加事務所・トモダチ. 2020年1月25日閲覧。
  22. ^ a b みつわ会上演記録”. mitsuwakai.web.fc2.com. 2018年4月9日閲覧。
  23. ^ a b コメディオンザボード『花咲く家の物語』”. シアターΧ(カイ). 2018年11月4日閲覧。
  24. ^ 震災復興祈念チャリティ公演 声優口演ライブイン宮城2013”. 一般社団法人みやぎびっきの会. 2018年8月2日閲覧。
  25. ^ 吹替の帝王 -日本語吹替版専門映画サイト-”. 20世紀フォックス ホーム エンターテイメント. 2018年8月2日閲覧。
  26. ^ 土井美加公式サイト トモダチ プロフィール2015年1月28日閲覧
  27. ^ 1976年 昭和51年 上演作品”. 財団法人 現代演劇協会. 2020年1月19日閲覧。
  28. ^ 現代演劇協会 上演作品”. 2018年4月8日閲覧。
  29. ^ 海千山千|鯨エンターテイメント”. www.kujira-enter.sakura.ne.jp. 2018年4月9日閲覧。
  30. ^ 新国立劇場 オペラ研修所2002年3月研修公演” (日本語). www.nntt.jac.go.jp. 2018年4月9日閲覧。
  31. ^ 誤認の女 | MOUVEMENT” (日本語). mouvement.jp. 2018年4月9日閲覧。
  32. ^ “詠舞台『蟲師』 | 日本2.5次元ミュージカル協会” (日本語). 一般社団法人 日本2.5次元ミュージカル協会. https://www.j25musical.jp/stage/110 2018年6月24日閲覧。 
  33. ^ 公演詳細 | StageGate [ステージゲート]”. www.stagegate.jp. 2018年12月17日閲覧。
  34. ^ タイムボカンシリーズ ヤットデタマン”. メディア芸術データベース. 2016年10月8日閲覧。
  35. ^ 超時空要塞マクロス”. メディア芸術データベース. 2016年8月7日閲覧。
  36. ^ 魔法のプリンセス ミンキーモモ”. メディア芸術データベース. 2016年10月25日閲覧。
  37. ^ 仮面の忍者赤影”. 東映アニメーション. 2016年6月12日閲覧。
  38. ^ ニュース”. 「ビビッドレッド・オペレーション」 公式サイト. 2012年12月7日閲覧。
  39. ^ キャスト・スタッフ”. NHKアニメワールド 山賊の娘ローニャ. 2014年9月2日閲覧。
  40. ^ tkg_animeのツイート(505005630474555392)
  41. ^ スタッフ・キャスト”. TVアニメ『蟲師 続章』公式サイト. 2014年1月4日閲覧。
  42. ^ 学園都市”. とある魔術の禁書目録III アニメ公式サイト. 2018年9月30日閲覧。
  43. ^ TVアニメ「臨死‼ 江古田ちゃん」”. 2018年12月14日閲覧。
  44. ^ 映画 Yes!プリキュア5GoGo! お菓子の国のハッピーバースディ♪”. メディア芸術データベース. 2016年11月8日閲覧。
  45. ^ 劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』追加キャストに竹中直人、フィッシャーズ、ロン・モンロウ決定!登場キャラクターも追加発表!”. ONE PIECE.com (2019年5月25日). 2019年5月26日閲覧。
  46. ^ 亡念のザムド”. メディア芸術データベース. 2016年8月28日閲覧。
  47. ^ 完結編に登場。
  48. ^ キャラクター”. ビビッドレッド・オペレーション -Hyper Intimate Power-. 2013年6月6日閲覧。
  49. ^ 週刊ファミ通』2012年12月6日号より。