土佐兄弟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
土佐兄弟
TOSA KYODAI
メンバー 土佐卓也
土佐有輝
結成年 2013年
事務所 ワタナベエンターテインメント
活動時期 2014年 -
出身 ワタナベコメディスクール18期
出会い 兄弟
旧コンビ名 セブンアップ
現在の活動状況 ライブ・テレビ
芸種 漫才コント
ネタ作成者 土佐有輝
同期 まちゅマドモアゼルズフワちゃん
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
お笑いハーベスト大賞2018 決勝進出
テンプレートを表示
土佐兄弟
YouTube
チャンネル
活動期間 2019年 -
登録者数 43.2万人
総再生回数 99百万回
チャンネル登録者数、総再生回数は2021年1月13日時点。
テンプレートを表示

土佐兄弟(とさきょうだい)は、ワタナベエンターテインメント所属の実の兄弟からなるお笑いコンビワタナベコメディスクール18期生。

メンバー[編集]

  • 土佐卓也(とさ たくや  (1987-09-28) 1987年9月28日(33歳) - )兄、ツッコミ担当
東京都中央区日本橋出身[1]。血液型O型[2]
成城中学校・高等学校獨協大学経済学部卒業。
中学1種社会科、高校1種地理歴史科公民科のそれぞれ3つの教員免許を持ち[3]、さらに英検準2級、調理師免許それぞれの資格を持つ[3]
特技は楽器演奏(ギターベースドラム[4] と作詞作曲[5]。学生時代はバンドを組んでいた。
趣味はサーフィンラーメンの食べ歩き[6]、旅行(鈍行列車の旅、弾丸ツアー[7])。
好きな音楽はゆず[7]
映画ラブコメディものを好む[7]
好きな漫画は『ドラゴンボール[7]
中学から私立に通っており、高校では生徒会長だった[8]。本人曰く、目立ちたがり屋だった[8]
有輝曰く、いたずらなど何をしても怒らないとのこと[8]
所属していた部活は野球部水泳部卓球部ハンドボール部、相撲部。この他にスキー経験もある[9]
芸人としてデビューする前は3年間サラリーマンで保険会社とインターネット関連会社に勤務[10]
大阪で勤務していた社会人3年目の秋にバーベキュー中に転んで前歯を折り、自宅療養中に視たお笑いの動画で大笑いしたことと、以前から自分でもお笑いをやってみたいと思っていたことから、お笑いの道を志すようになる[10][11]
阿部寛のものまねを得意とする。
  • 土佐有輝(とさ ゆうき  (1994-12-15) 1994年12月15日(26歳) - )弟、ボケ・ネタ作り担当
東京都中央区日本橋出身[1]。O型。
専修大学経済学部。
英検3級、漢検準2級のそれぞれの資格を持つ[3]
中学は地元中央区にある銀座中学校に通っていた。
中学高校時代はサッカー部に所属[9]。サッカーには詳しく、観戦も趣味[7]。この他スキー、スノーボードの経験もある[9]
趣味はギター[6]
好きな音楽はももいろクローバーZ(ももクロ)[7]
「高校生の時にももクロに全てを捧げていた」と語っており、高校卒業後大学に進学するが、卓也が「お笑いやんないか」と誘ってきた時に、「お笑いやったらももクロに会えんのか?」と聞き、卓也は「会えるよ、当たり前だと、そのために芸能界行こうぜ」と答えたためお笑いの道を選んだ[12]
映画は邦画ホラーを好む[7]
好きな漫画は『ROOKIES』、『ろくでなしBLUES』、『べしゃり暮らし[7]
俳優の小栗旬に似ており、自身もものまねを得意とする。高校生時代から、似ていると言われていたという[1]。ものまねは他にトランペットの音、花火の音、高校の時の数学の池田先生、ドトールコーヒーの椅子を引く音などの音真似(いわゆる形態模写)も得意[4]
同じく小栗旬のものまねを得意とするおばたのお兄さんマロンマロンというユニットでテレビ出演する事もある。

略歴[編集]

兄・卓也が会社を辞め、弟・有輝を誘って芸人の道に進む[1]2013年4月ワタナベコメディスクールに18期生として入学。在学中、事務所主催の若手ネタバトルライブ「NEW COMER!」、さらに上位のみが出演できる「WEL NEXT」に出場し、2014年3月のワタナベコメディスクール卒業後、ワタナベエンターテインメントに所属。スクール時代の同期にはフワちゃんなどがいた。

有輝がたまにする学校の話や先生のものまねなどを聞いていた卓也は「面白くて、こいつ才能あるな」と密かに思っていたという[8]

兄弟の年の差が7歳あるということで、そのジェネレーションギャップから作ったネタが多い。ネタは、初期は卓也が書いてきた台本を見た有輝が「どこかで見た台本だな」と思ったことで[8]、以後は主に有輝が書いている[10]

2019年後半頃より、有輝が演じる「高校生あるある」動画がTikTokを中心に大ヒットし、2020年5月時点でTikTokでの動画総再生回数は4億回を突破している[13]。卓也は撮影担当及び画面外からの音声のみの出演。撮影場所は有輝の母校の専修大学附属高等学校を使っていたが、新型コロナウイルスの流行以降は学校が使えず、実家の一室を教室風に改造して使用している[14]

出演[編集]

テレビ[編集]

レギュラー出演中の番組[編集]

単発出演等[編集]

ラジオ[編集]

ウェブテレビ[編集]

  • QUIZOOM(2020年5月4日 - 6日、AbemaTV)- チャレンジャー[16] ※卓也は4日、6日のみ

注釈[編集]

  1. ^ 青春の読みは「アオハル」

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(146)】元保険営業マンの兄と小栗旬そっくりな弟 兄弟でお笑いの頂点を目指す土佐兄弟 (1/3ページ)”. サンケイスポーツ (2016年10月2日). 2021年1月13日閲覧。
  2. ^ 土佐兄弟さんのプロフィールページ”. Ameba. 土佐卓也. 2021年1月13日閲覧。
  3. ^ a b c 資格一覧”. ワタナベエンターテインメント. 2021年1月13日閲覧。
  4. ^ a b 特技一覧”. ワタナベエンターテインメント. 2021年1月13日閲覧。
  5. ^ @takuyatosa1 (1 July 2016). "ありがとうございます!!これからも作詞作曲に余念なくやっていきます!" (ツイート). Twitterより2021年1月13日閲覧
  6. ^ a b 趣味一覧”. ワタナベエンターテインメント. 2021年1月13日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h 得意トーク一覧”. ワタナベエンターテインメント. 2021年1月13日閲覧。
  8. ^ a b c d e “笑う神 拾う神”. 東京新聞: p. 16. (2019年3月13日) 
  9. ^ a b c スポーツ経験一覧”. ワタナベエンターテインメント. 2021年1月13日閲覧。
  10. ^ a b c 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(146)】元保険営業マンの兄と小栗旬そっくりな弟 兄弟でお笑いの頂点を目指す土佐兄弟 (2/3ページ)”. サンケイスポーツ (2016年10月2日). 2021年1月13日閲覧。
  11. ^ 「兄弟のデメリットはありません。」恩人2人が進化させた「土佐兄弟」の結束 中西正男の「そら、この芸人さん、売れるにきまってる!」【14】”. dogatch.jp. テレビドガッチ (2020年8月9日). 2021年1月13日閲覧。
  12. ^ ももクロに会うために芸人に!?土佐兄弟・有輝が夢を叶え「素敵」と祝福の声! #ももクロChan”. COCONUTS. COCONUTS JAPAN (2020年5月14日). 2021年1月13日閲覧。
  13. ^ TikTok4億回再生・土佐兄弟が自宅にミニチュア教室開設 「学校に行った気分味わって」” (2020年5月12日). 2021年1月13日閲覧。
  14. ^ 高校あるあるで人気の土佐兄弟がミニチュア教室披露 - お笑い : 日刊スポーツ”. nikkansports.com (2020年5月12日). 2021年1月13日閲覧。
  15. ^ a b c “第7世代”土佐兄弟、7年目で本格ブレイクの兆し 新レギュラー3本開始「全力でやっていく」”. ORICON NEWS. オリコン (2020年10月5日). 2021年1月13日閲覧。
  16. ^ 加藤浩次がMC!賞金300万円を懸け芸能人たちがガチンコ頭脳勝負、業界初の完全リモートクイズバトル『QUIZOOM』3夜連続配信” (日本語). ABEMA TIMES (2020年4月24日). 2021年1月13日閲覧。