土倉一信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

土倉 一信(とくら かずのぶ、享保12年6月27日1727年8月14日) - 文化7年7月13日1810年8月12日))は、岡山藩家老

父は岡山藩家老土倉一貞。母は側室。正室は日置忠昌の娘。子に土倉一之。幼名は善之丞。通称は市正。号は悟真斎。

生涯[編集]

享保12年(1727年)6月27日、岡山藩家老土倉一明の子として岡山に生まれる。寛延2年(1749年)、日置忠昌の娘と結婚する。宝暦9年(1759年)、一貞の隠居により家督相続し、岡山藩家老、佐伯1万石の領主となり、通称を市正と名乗る。

宝暦13年(1763年)、江戸に下向する。明和2年(1765年)4月、藩主池田治政に仕置家老に任じられ、藩政を主導した。天明8年(1788年)2月、隠居して家督を嫡男の一之に譲り、悟真斎と名乗る。文化7年(1810年)7月13日没。

参考文献[編集]

  • 『池田老臣累記』
  • 『備前家老略伝』