土偶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

土偶(どぐう)は、最狭義では、縄文時代頃の日本列島[1]作られていた土人形[* 1]を指す[4][5]

この定義上では、的存在(精霊)と思しきも人型であればこれを含む一方、人および人型の存在以外の生物ならびに非生物は含まない。この定義に従えば、例えば動物道具をかたどった土偶は無く、それらは「土製品」(どせいひん)であり[6]、「動物形土製品」(例:形土製品[7])、「○○形土製品」(例:鐸形土製品[8])などと呼ばれている。ただし、やや広い別の定義では、上述したうちの非生物以外も全て「土偶」と呼んでおり、従って、「人物土偶[9]」「動物土偶[9]」などという名称が用いられるほか、古墳時代に作られた(生物系の)埴輪も「埴輪土偶[9]」と呼ばれている。しかし「埴輪土偶」を過去の名称であると明言する資料もある[4]。要するに、現状の「土偶」の定義はこの点で曖昧と言わざるを得ず、文化庁が文化財指定時に付与する名称でさえ未だに統一されていない。もっとも、動物や非生物を土偶に含めない定義(最狭義)が主流になって久しい。これらの定義上の土偶は、四島北海道本州四国九州)の各地で出土している一方、四島から遠く離れた島嶼部南西諸島など)からは発見されていない。

最広義では、縄文時代や日本列島に限らず、時代地域を問わない世界史上および世界各地における同様の考古遺物を指し[9]、古くは新石器時代まで遡ることができる[10][11][9]。しかし上述の通り、狭義の用語としての「土偶」の曖昧さは、最広義の「土偶」にも反映されてしまう[* 2]

本項では、特筆しない限り、最狭義の「土偶」すなわち「縄文時代頃(弥生時代等に属する出土物は疑わしく認定されていないが、定義する時点で排除されるべきものではない)の日本列島で作られていた、人および人型の霊的存在を表現したと思しき、素焼きの土製品」について解説し、必要に応じてそれより広義の土偶についても後述する。

なお、材質が土でなくであれば「岩偶」(がんぐう)[12]もしくは「石偶」(せきぐう)[13]と呼び、縄文時代の出土品ではこれも多い[12]。他方、木材による「木偶」(もくぐう)は、縄文時代の出土例は無く、弥生時代以降のものが知られている[14]

概要[編集]

ギメ東洋美術館フランスパリ)が所蔵する縄文土偶

世界的には、こうした土製品は、新石器時代農耕社会において、乳房臀部を誇張した女性像が多いことから、通常は農作物の豊饒を祈る地母神崇拝のための人形と解釈されることが多い。ただし、世界史的には、狩猟・採集段階の時代のものとしての類例はあまりない。

日本では、海外の考古学書の翻訳において、"ceramic figurine" や "teracotta (figurine)" の訳語として「土偶」を使用することもある。

縄文土器と同様、土偶も出土地域や時期によって様々な様式のものがある。

現在知られている限りで日本最古級の土偶は、三重県で2箇、滋賀県で1箇が出土した縄文時代草創期後半のもの、すなわち、粥見井尻土偶相谷土偶である。早期には近畿、関東東部にも広がっている。中期終わりには、東北地方を除いてほとんど作られなくなるが、後期には東日本を中心に復興する。九州においては、熊本を中心に後期のものが出土している。土偶は、弥生時代には東北地方を除いてほとんど作られなくなり、同地方でも盛んに作られたのは弥生時代前期までで、中期から衰退し、後期にはほとんど作られなくなった[15]

山梨県笛吹市御坂町上黒駒出土/ポーズ土偶(仕草や行為を表象した土偶)の代表例。縄文時代中期。東京国立博物館所蔵。[16][17]

国立歴史民俗博物館千葉県佐倉市)の調査によれば、日本全国の出土総数は15000体ほどである。武藤、譽田(2014)は、18,000点程度としている[18]。出土分布は東日本に偏っており、西日本での出土はまれである。千葉県佐倉市にある吉見台遺跡からは、600個以上の土偶が出土している。また、「土偶とその情報研究会」(八重樫純樹)の調査によれば、全国で約1万1千個程度が資料化され、それから類推して、縄文時代につくられた土偶総数を約3千万個とする説もある[19]

現在までに出土している土偶は大半が何らかの形で破損しており、故意に壊したと思われるものも多い[* 3][20]。特に、部の一方のみを故意に壊した例が多い。そのため、祭祀などの際に破壊し、災厄などを祓うことを目的に作成されたという説がある。また、大半の土偶は人体を大きくデフォルメして表し、特に女性の生殖機能を強調していることから、安産・多産[21]などを祈る意味合いがあったものと推定する説もある。その他、用途に関しては、生命の再生[21]神像女神像を含む)、精霊の像、呪物お守り(護符)などといった様々な説が唱えられている。子供玩具やお守りであったとする説[21]、破壊することで身体の悪い所の快癒を祈ったとする説[21]、ばらばらになるまで粉砕された土偶はそれを大地にばら撤くことが豊穣の祈念を意味したとする説[21]などもある。また、集落のゴミ捨て場などに投棄された状態で出土されることが非常に多く[20]、これは、最初から意図的に破壊して投棄することが目的であったという説を支持するものである[20]。ほかにも、考古学者水野正好の唱える説では、縄文人は冬期の太陽の弱まりを怖れ、土偶祭祀は冬を中心に行われたという[22]

土偶 長野県茅野市棚畑遺跡出土/縄文のビーナス

土偶(※最狭義)は、人または人型の霊的存在を、こねた土で造形表現し、素焼きで焼成している。全体的には人体を模して成形されているが、頭・胴・手・足などでは抽象的表現が非常に目立つ。しかし、乳房[23]、正中線(せいちゅうせん[23]妊娠時の腹部[23]女性器[23]臀部など、特定の部位および状態の表現は具体的なものが多い。ほとんどの土偶は女性型であるが[20]北海道千歳市にあるウサクマイ遺跡群の縄文時代晩期層から出土した板状土偶(ばんじょうどぐう)のように、男性器の表象と考えられる突起部を股間に有するものや[24]体型の異なる2体の土偶が同時に出土し、片方が男性と考えられるものなど[要出典]、男性型と思しき土偶も数点の発見例がある。構造については、まずは内部の空洞の有無、すなわち中空(中が空いている)か中実(中まで詰まっている)かで大別し、それぞれを「中空土偶」(ちゅうくうどぐう)「中実土偶」(ちゅうじつどぐう)と呼んでいる[21]。また、人体を部位別に作ってから組み立てる構造であったかもしれないものと、そうでない普通のものがあり、前者の例としては、既知で最古級の土偶である相谷土偶(滋賀県の相谷熊原遺跡から出土した土偶)を挙げることができる。

動物土偶は、縄文時代後期から晩期にかけて、主に東日本から出土しており、最も数の多い猪(いのしし。瓜坊を含む。cf. 日ノ浜遺跡出土の動物土偶)を始めとして[11]、犬(いぬ[11]、猿(さる[11]、熊(くま[11]、鼯鼠(むささび[11][6]、海豹(あざらし)にも見える動物[6]水鳥[6]、亀(かめ[11][6]水生昆虫ゲンゴロウ類[11]などがある。

出現[編集]

発生期の土偶[編集]

現在知られている限りで日本最古級の土偶は、三重県で2箇、滋賀県で1箇が出土した縄文時代草創期後半のもの、すなわち、粥見井尻土偶相谷土偶である。いずれも小形で、やや厚みのある板状、頭と両腕を突起で表現しており、顔や手足の表現を欠くが、乳房は明瞭に表現されている。

縄文時代早期前半になると、関東地方東部に逆三角形や胴部中程がくびれた形の土偶が出現し、早期後半には東海地方にまで分布を広めて、それぞれが明確な土偶形式を形成している。前期は、この延長線上で板状土偶が発達した。しかし、この段階の線刻礫や土偶が実際にどのような目的で造形されたのかは分かっていない[25]

立像土偶[編集]

群馬県東吾妻町出土のハート形土偶

縄文時代中期初頭になると土偶は立体的になり、頭部と四肢の表現が明瞭化すると共に、土偶自体が自立できるようになる。この造形変化は、縄文時代の全期を通じて最も大きなものであった。しかし、突然に変化したのではなく、前期後半には顔の表情豊かな土偶が既に現れていた。表情豊かな土偶で現在知られている最も古い時代に属するものは、縄文時代前期前半の千葉県の石揚遺跡(千葉県柏市泉石揚1254ほかに所在)から出土したものであり、扁平・円形の頭部に2~6個の丸い孔があけられている。同じような表情豊かな土偶は、東海地方から関東地方までの東日本で現れ、当時の土器形式圏を越えた広い範囲に分布している。それが前期末葉になって、新たな変化は東北地方で現れ始める。

長野県千曲市出土の仮面土偶/森将軍塚古墳館所蔵。

前期後葉の宮城県糠塚遺跡の土偶に始まる。それは両眼・口の表現の獲得である。それ以降は、東北地方南部に分布する土偶から、顔面の表現が次第にはっきり形作られてゆき、北陸地方や中部高地地方に広がっていき、中期初頭には「立像土偶」へと移り始め、胴部が板状、頭部が円盤状、正面に目・鼻・口が添えられる程度であるが、短期間に立体化し、自立可能な立像を完成させた。長野県棚畑遺跡[26]出土の「縄文のビーナス」はその到達点である。この急速な変化は、それまでの土偶が子孫繁栄、安産祈願、祭祀等の個人レベルの目的に作られてきたのに対して、同時期より村落共同体レベルでの祭祀にも使われるようになったためと考えられる。つまり、土偶はこの中期前葉になって縄文社会に定着したと思われる[27]

縄文時代後期になると、ハート形土偶が現れる。後期から晩期にかけて、関東から東北地方では、山形土偶やみみずく土偶、遮光器土偶[* 4]などが大量に作られる。また、仮面を被ったもの(仮面土偶)なども見られる[28]九州を除く西日本では人型土偶は稀で、簡略で扁平な分銅形土偶などが多い[29]

土偶の一覧[編集]

ここでは、特筆性の高い個々の土偶について解説する。特筆性の高さは考古学的価値や文化財的価値とイコールではないが、現在のところ、記載すべき土偶はおおむね高い価値を認められたものである。

国宝[編集]