土居光華

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

土居 光華(どい こうか、弘化4年6月24日1847年8月4日) - 大正7年(1918年12月11日は、日本ジャーナリスト作家翻訳家出版人政治家衆議院議員

経歴[編集]

淡路国三原郡(後の広田村、現兵庫県南あわじ市広田)に土居一郎太夫(岳亭)の次男として生まれる。言論界で活躍。バックル『英国文明史』、『自由之理』などの翻訳をおこなう。

明治27年(1894年)3月、第3回衆議院議員総選挙三重県第四区から出馬し、衆議院議員に当選。同年9月、第4回総選挙で再選。

参考文献[編集]

  • 宮武外骨・西田長寿『明治新聞雑誌関係者略伝』(『明治大正言論資料 20』、みすず書房、1985年11月)。ISBN 4-622-00950-1
  • 長谷川権一「民権運動家と地域啓蒙-土居光華の思想と行動」、鹿野政直・高木俊輔編著『維新変革における在村的諸潮流』、三一書房、1972年11月。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。