土屋四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

土屋 四郎(つちや しろう、1896年 - 1981年7月25日[1])は、日本法学者。専門は民法学著作権法。特に権利濫用論を研究。帯広畜産大学名誉教授。元札幌短期大学学長北海道における法学教育草創期を支えた一人。

来歴[編集]

この他、札幌文科専門学院(後の札幌短期大学)や北海学院などの民法・商法非常勤講師も務める。

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • 『土地改良法解説』(国際農政研究社, 1949年)
  • 『農業委員會の運営』(農民教育協会, 1951年)

[編集]

  1. ^ 『日本著作名・人名典拠録 2 こ~な』(日外アソシエーツ、1989年)
  2. ^ 以上につき、『札幌短期大学論集 商経編 第26号』(札幌学院大学商経学会、1980年)参照
  3. ^ 『旭川大学経済学部二十五年史』(ぎょうせい、1994年)p851
先代:
宮脇富
札幌短期大学学長
第3代:1958年 - 1964年
次代:
室谷賢治郎