土屋定之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
つちや さだゆき
土屋 定之[1]
生誕 1953年4月27日
日本の旗 日本広島県
出身校 北海道大学工学部土木工学科
職業 国家公務員科学技術庁文部科学省
団体職員
活動期間 1979年 -
活動拠点 科学技術庁
文部科学省
科学技術振興機構
ペルー日本国大使館
肩書き ペルー駐箚特命全権大使
任期 2018年 -
前任者 株丹達也

土屋 定之(つちや さだゆき、1953年4月27日[2] - )は、日本の科技・文科官僚。第22代ペルー共和国駐箚特命全権大使、第9代文部科学事務次官

経歴[編集]

広島県出身[3]1972年(昭和47年)、修道高等学校を卒業[4]北海道大学工学部土木工学科卒業[3]1979年(昭和54年)、北海道大学大学院環境科学研究科修士課程を修了し、同年に旧科学技術庁(現・文部科学省)に技官として入庁。

その後宇宙開発事業団ロサンゼルス駐在員事務所長、科学技術庁科学技術振興局科学技術情報課長、文部科学省科学技術・学術政策局基盤政策課長、理化学研究所横浜研究所研究推進部長、文部科学省大臣官房総務課長、文化庁文化財部長、文部科学省大臣官房長、科学技術・学術政策局長、文部科学審議官を歴任[5]

2015年(平成27年)7月28日、文部科学事務次官に就任し[6]2016年(平成28年)6月21日に退任した[7]

2017年3月30日文部科学省における再就職等規制違反に関して訓告相当とされた[8]。同年9月、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)上席フェローに就任[1]2018年1月29日特命全権大使ペルー共和国駐箚[9]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「天下り問題」で処分された元文科次官が、こっそり天下りしていた!”. 現代ビジネス. 講談社 (2017年12月29日). 2017年12月29日閲覧。
  2. ^ 読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.194
  3. ^ a b フロンティアスピリットを訊く。ゲスト 文部科学事務次官 土屋定之氏 (PDF)”. 『リテラポプリ』2015年冬号. 北海道大学総務企画部広報課 (2015年12月). 2017年12月29日閲覧。
  4. ^ 文部科学事務次官、土屋定之先生にご講演をいただきました - 修道中学校・高等学校教員ブログ(2015年12月10日)
  5. ^ 講師略歴 - 東京大学大学院薬学系研究科・薬学部(2013年)
  6. ^ “文科次官に土屋氏就任”. 日本経済新聞. (2015年7月28日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG27HDN_Y5A720C1EAF000/  2016年7月25日閲覧。 
  7. ^ 土屋定之前文部科学事務次官に聞く!「退任を迎えて」 - 文部科学省
  8. ^ 「追加処分者一覧」毎日新聞2017年3月30日 21時28分(最終更新 3月30日 22時27分)
  9. ^ 「スーダン大使に浦林氏、ペルー大使に土屋氏ら 」日本経済新聞2018/1/26 10:21

関連項目[編集]

先代:
合田隆史
文部科学省科学技術・学術政策局長
2012年 - 2014年
次代:
川上伸昭
先代:
藤木完治
文部科学審議官(科学技術担当)
2014年 - 2015年
次代:
戸谷一夫
先代:
山中伸一
文部科学事務次官
第9代:2015年 - 2016年
次代:
前川喜平