土屋清三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
土屋清三郎

土屋 清三郎(つちや せいさぶろう、1882年明治15年)4月20日[1]1946年昭和21年)3月3日[2])は、衆議院議員立憲政友会立憲民政党)、医師

経歴[編集]

千葉県武射郡豊岡村(現在の山武市)出身。済生学舎・東京慈恵医院医学専門学校(現在の東京慈恵会医科大学)を卒業。内務省伝染病研究所嘱託、警視庁検疫官、岐阜県衛生技師を歴任し、退官後は開業医となった。そのかたわら日本語雑誌「日本之医界」、英文雑誌「Japan Medical World」、中国語雑誌「東亜医学」の発刊・経営にあたった。

1916年(大正5年)、牛込区会議員に当選[3]。さらに1917年(大正6年)4月、第13回衆議院議員総選挙で当選したが、衆議院議員選挙訴訟の結果、安房郡での選挙が無効となり、同年12月8日、千葉県知事により鵜澤總明吉植庄一郎・木村政次郎・関和知津田毅一鵜沢宇八柏原文太郎・磯野敬・加瀬禧逸と共に当選証書が取消され議員を退職し[4]、同月に実施された再選挙で当選した[5][6]。その後、第15回から第20回総選挙まで連続当選を果たした。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『帝国人事大鑑』
  2. ^ 『政治家人名事典』
  3. ^ 『衆議院要覧』
  4. ^ 『官報』第1619号、大正6年12月24日。
  5. ^ 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』413頁。
  6. ^ 『官報』第1622号、大正6年12月27日。

参考文献[編集]

  • 『衆議院要覧下巻 大正6年11月増訂』衆議院事務局、1917年。
  • 『昭和十一年度版 帝国人事大鑑』帝国日日通信社、1935年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。