土屋礼一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
土屋 礼一
(つちや れいいち)
生誕 土屋 禮一(つちや れいいち)[1]
(1946-02-28) 1946年2月28日(72歳)
国籍 日本の旗 日本
教育 武蔵野美術大学[1]
出身校 岐阜県立大垣南高等学校[1]
著名な実績 日本画
代表作 「赤い沼」[1]
受賞 日本芸術院賞
2007年 軍鶏
選出 日展理事[1]
武蔵野美術大学客員教授[1]
金沢美術工芸大学教授[1]
この人に影響を
与えた芸術家
加藤東一[1]

土屋 礼一(つちや れいいち、1946年2月28日 - )は、日本画家。本名は土屋 禮一(つちや れいいち)[1]日本芸術院会員、日展常務理事、金沢美術工芸大学名誉教授・客員教授[1]

来歴[編集]

岐阜県養老郡養老町出身[1]岐阜県立大垣南高等学校武蔵野美術大学卒業後、加藤東一に師事[1][2]

日展理事、武蔵野美術大学客員教授、金沢美術工芸大学教授[1]。代表作『赤い沼』は文化庁に買い取りを受けている[1]

2007年に「軍鶏」で日本芸術院賞受賞[1]2009年日本芸術院会員[1]

2011年、隅田川花火大会花火コンクールの審査委員長を歴任。

著書[編集]

  • 土屋禮一 『土屋禮一画集』 求龍堂2013年1月1日。ISBN 978-4763012210。
  • 土屋礼一 『土屋礼一 ふるさとへの道(新現代日本画家素描集)』 日本放送出版協会1993年1月。ISBN 978-4140091944。
  • 土屋礼一 『龍の本』 ビジョン企画出版社、2002年4月。ISBN 978-4899790075。
  • 土屋礼一(監修)、平光明彦 『土屋輝雄作品集』 求龍堂2006年2月1日。ISBN 978-4763006172。

家族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q "土屋禮一(土屋礼一) [Tsuchiya Reiichi]". ビジョン企画出版社. 2018年7月21日閲覧. 
  2. ^ 「土屋禮一展~なつかしさを求めて~」を開催します大垣市[リンク切れ]
  3. ^ "土屋礼央". ワタナベエンターテインメント. 2018年7月21日閲覧.