土屋隼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

土屋 隼(つちや じゅん、1902年 - 1978年2月9日[1])は、昭和時代日本外交官

経歴[編集]

静岡県出身。東京府立中学の教諭を勤めた後、1930年東北帝大法学部卒業、外交官試験合格、同年外務省入省。外交官補として米国勤務の後、1935年情報部第2課、40年上海、42年調査局、スウェーデンで勤務。戦後は終戦連絡中央事務局総務部を経て、1950年調査局長、翌年12月欧米局長を勤める。その後、1954年4月総領事としてニューヨークへ赴任。

1957年3月駐コロンビア大使、61年3月駐フィリピン大使、63年1月駐ギリシャ大使を歴任。65年6月依願退職。1978年2月9日死去。

脚注[編集]

  1. ^ 『新版 日本外交史辞典』613頁。

参考文献[編集]

  • 外務省外交史料館日本外交史辞典編纂委員会『新版 日本外交史辞典』山川出版社、1992年。