土屋雅敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
土屋 雅敬
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県広島市
生年月日 (1924-10-08) 1924年10月8日(95歳)
身長
体重
168 cm
64 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手外野手
プロ入り 1950年
初出場 1950年3月10日
最終出場 1956年10月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

土屋 雅敬(つちや まさたか、1924年10月8日 - )は、広島県広島市出身のプロ野球選手内野手外野手)。

登録名は1950年 - 1952年土屋 五郎1953年 - 1955年土屋 伍郎1956年1957年土屋 雅敬

来歴・人物[編集]

広島商業ではエース、四番打者として、1942年に「幻の甲子園大会」と呼ばれる全国中等学校野球大会に出場。準決勝まで勝ち進んだが、平安中に逆転負けした。優勝は須本憲一が主将をつとめた徳島商。この大会は戦局の悪化で主催の朝日新聞が降り、文部省と大日本学徒体育振興会の主催で、従来の夏の大会と同じ形で甲子園で行われた。ただし朝日新聞の主催でない為、公式記録には入っていない。

広島商は土屋も含めて投手力が弱く、準々決勝では仙台一中に対し27四死球を記録した。また仙台一中も18四死球、両チーム合計45四死球に上った。この試合の球審を務めた天知俊一が高めの投球にストライクを取らなかったのも原因の一つと言われる。またこの試合のスコアは28対10であり、広島商が7回裏に17点取っている。甲子園での1試合最多得点記録は1985年PL学園×東海大山形の合計36点だが、これをも凌ぐ試合となった。

この大会の出場選手には、南海の名選手・名参謀だった蔭山和夫、蔭山の市岡中ノーヒットノーランで破った富樫淳(平安中、のち阪神、平安高校監督)、早大の名監督・石井藤吉郎水戸商)、毎日の“火の玉”投手荒巻淳大分商)らのちの名選手・名指導者が出場している。

その後は法政大学に進学し野手に転向。東京六大学野球リーグでは1947年秋季リーグで首位打者を獲得。コロムビアを経て、1950年国鉄スワローズの結成に参加。開幕直後から右翼手一塁手として起用され、シーズン後半には俊足巧打を買われ一番打者、中堅手に定着した。同年は規定打席(24位、打率.287)にも到達。翌1951年は52盗塁で盗塁王を獲得、規定打席には届かなかったが打率.302を記録した。1953年4月9日には名古屋ドラゴンズを相手に1試合5盗塁を決めている。デビュー当時の金田正一の親友だった。しかし1954年には出場機会が減少し、1955年広島カープに移籍。同年は31試合に先発するが、1957年限りで現役引退。その後は中国放送解説者を勤めた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1950 国鉄 110 348 307 47 88 13 2 3 114 26 16 9 3 -- 37 -- 1 20 7 .287 .365 .371 .737
1951 75 304 265 52 80 9 0 2 95 26 52 8 8 -- 30 -- 1 15 2 .302 .375 .358 .733
1952 119 395 345 40 76 8 5 0 94 27 29 12 8 -- 42 -- 0 26 5 .220 .305 .272 .577
1953 99 287 261 37 71 7 0 0 78 14 27 14 4 -- 21 -- 1 19 2 .272 .329 .299 .627
1954 53 85 76 3 8 2 0 0 10 4 4 3 1 1 7 -- 0 14 3 .105 .181 .132 .312
1955 広島 70 158 133 13 31 4 0 2 41 9 11 2 2 0 21 0 2 10 1 .233 .346 .308 .654
1956 76 91 79 11 18 2 0 0 20 2 1 1 0 0 10 0 2 8 2 .228 .330 .253 .583
通算:7年 602 1668 1466 203 372 45 7 7 452 108 140 49 26 1 168 0 7 112 22 .254 .333 .308 .642
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

背番号[編集]

  • 9 (1950年)
  • 24 (1951年 - 1953年)
  • 2 (1954年)
  • 11 (1955年 - 1957年)

登録名[編集]

  • 土屋 五郎 (つちや ごろう、1950年 - 1952年)
  • 土屋 伍郎 (つちや ごろう、1953年 - 1955年)
  • 土屋 雅敬 (つちや まさたか、1956年 - 1957年)

参考文献[編集]

関連項目[編集]