土山秀夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

土山 秀夫(つちやま ひでお、1925年大正14年)4月23日[1] - 2017年平成29年)9月2日[2])は、日本病理学者医師長崎大学名誉教授、長崎平和宣言文起草委員、核兵器廃絶ナガサキ市民会議代表、「核兵器廃絶―地球市民長崎集会」実行委員会顧問、長崎県九条の会共同代表ほか。元長崎大学学長。世界平和アピール七人委員会委員。

来歴[編集]

著書[編集]

  • 「さらば、クライスラー」日本図書刊行会(1993年
  • 「論文集 核廃絶への道」長崎文献社(2011年
  • 「核廃絶へのメッセージ 被爆地の一角から」日本ブックエース 平和文庫(2011年
  • 『あてどなき脱出 土山秀夫推理小説集』長崎文献社 2012

共編著[編集]

  • 『副腎皮質の形態と機能』熊本悦明,笹野伸昭共編集 南江堂 1975
  • 『病理学 総論』編 医歯薬出版 1983
  • 『病理組織学実習書』編 広川書店 1986
  • カントと生命倫理 日本カント協会<長崎大会>市民公開シンポジウム記念論集』平田俊博,井上義彦共編著 晃洋書房 1996
  • 「高校生が考えた「居住福祉」」一番ヶ瀬康子,早川和男,ブライアン・バークガフニ,長崎総合科学大学建築学科共著、クリエイツかもがわ、1996年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.418
  2. ^ “訃報 土山秀夫さん 92歳=長崎で被爆・元長崎大学長”. 毎日新聞. (2017年9月2日). https://mainichi.jp/articles/20170902/k00/00e/060/362000c 2017年9月2日閲覧。 
  3. ^ 博士論文書誌データベース
  4. ^ a b 歴代部長等 - 長崎大学医学部医学科ウェブサイト
  5. ^ a b 長崎大学 歴代学長 - 長崎大学ウェブサイト
  6. ^ 土山氏が長崎市の名誉市民に選定 6人目 - 長崎新聞ピースサイトウェブサイト, 2010年(平成22年)12月14日
  7. ^ 土山平和基金を創設 核兵器廃絶運動に活用 地球市民長崎集会実行委 - 長崎新聞ピースサイトウェブサイト, 2011年(平成23年)5月29日
  8. ^ 「叙位叙勲=長崎」『読売新聞』西部朝刊、2017年10月18日