土岐光定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
 
土岐光定
時代 鎌倉時代後期
生誕 未詳
死没 弘安4年8月11日1281年9月25日
別名 五郎(通称)、光貞、定光(法号)
官位 従五位下隠岐
幕府 鎌倉幕府
氏族 土岐氏
父母 土岐光行東胤頼の娘
兄弟 国衡、饗庭光俊、光氏、国慶、光定、光員[1]、光家、頼命、頼有、親行
正室:北条貞時の娘
隠岐国時、高田衡国、阿波教国、笠毛光教(光時)、隠岐胤国、蜂屋定親、頼貞、舟木頼重[1]

土岐 光定(とき みつさだ)は、鎌倉時代後期の武将美濃源氏嫡流土岐氏土岐光行の五男。母は千葉氏の娘。正室執権北条貞時の娘。

略歴[編集]

得宗家から妻を迎えるなど光定の時代には土岐氏が美濃の有力御家人へと成長していたことが見て取れる。また、光定は美濃国内の本領のみならず伊予国地頭職を得ていたといわれ、任地に下って所領の経営にあたったとされる。その他、時期及び詳細については不明となっているが、讃岐十郎なる悪党を追捕した功により隠岐守に任ぜられたという。晩年は出家定光(ていこう)と称した。

脚注[編集]

  1. ^ a b 両人とも頼員(舟木頼春)の父とする説がある。

関連項目[編集]