土岐口駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

土岐口駅(ときぐちえき)は、かつて岐阜県土岐市土岐津町に存在した東濃鉄道(2代)駄知線である。

当駅は土岐津町の中心駅であり、旅客の他製品を扱う貨物駅でもあった。岐阜県立土岐商業高等学校の最寄駅であり、学生の利用が多かったという。

歴史[編集]

駅構造[編集]

  • 交換設備、貨物積み下ろし設備を有していた。
  • 駄知線の駅の中では、最も貨物取扱量が多かったという。扱っていた貨物は陶磁器ではなく、陶磁器の原料になる陶土(粘土)が中心であった。

現在の状況[編集]

  • 駅跡地にはホームが残っていたが現在は取り壊され、住宅や工場となっている。当時のものと推測される倉庫が残っている。

隣の駅[編集]

東濃鉄道(2代)
駄知線
神明口駅 - 土岐口駅 - 下石駅

関連項目[編集]

座標: 北緯35度20分36.7秒 東経137度10分43.1秒