土岐定政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
土岐定政
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文20年(1551年
死没 慶長2年3月3日1597年4月19日
改名 愛菊丸(幼名)→明智定政→土岐定政
別名 菅沼藤蔵(通称
戒名 増円寺真庵源空
墓所 東京都品川区北品川東海寺春雨庵
官位 従五位下、山城
主君 徳川家康
下総守谷藩
氏族 明智氏菅沼氏→明智氏→土岐氏
父母 父:明智定明、母:菅沼定広の娘
養父:菅沼定仙
正室:鳥居元忠の娘
頼顕、定義、直子(本多成重室)

土岐 定政(とき さだまさ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将土岐氏明智氏の系統であり、祖父頼明の兄で大伯父・頼典を明智光秀の祖父とされる光継と同一人物とする説もある。また明智光秀を伯父(定明の兄)とする説もあり、真偽の程は定かではない。

人物[編集]

天文21年(1552年)6月に、父定明が惣領家の美濃守護土岐頼芸と家臣の斎藤道三の間の内紛に巻き込まれて、それに乗じた弟の定衡(定政の叔父)によって殺害される事変が起こり[1]、さらに御嵩城主の小栗教久(信濃守)の攻撃を受けて落城したために、幼い愛菊丸(定政)は一族とともに家臣に護衛されて、外祖父の菅沼定広を頼って落ち延びた。

やがて、近隣の奥平貞勝への母の再嫁により生き別れ、母方の叔父・菅沼定仙の養嗣子とされた。そのため、菅沼藤蔵と称することになった。

永禄7年(1564年)に徳川家康に招聘されてその家臣となり、永禄8年(1565年)の初陣を皮切りにして姉川の戦いをはじめ、徳川家の主要な合戦の多くに参戦して武功を挙げ、家康から武勇に優れた武将として賞賛された。それらの功績から天正10年(1582年)に、甲斐巨摩郡切石に1万石を与えられて大名となり、亡父の跡を継ぐ形で明智定政と改称した。

天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦いや天正18年(1590年)の小田原征伐でも軍功を挙げたため、征伐後に家康が関東に移されると、下総相馬郡守谷に1万石を与えられた。豊臣秀吉からもその武勇を賞賛された。文禄2年(1593年)には、従五位下、山城守に叙任された上、鈞命により[1]惣領家の土岐頼芸によって没落した土岐家の跡を継いで、大名として再興することが許され、明智定政から土岐定政に改名した。

慶長2年(1597年)3月3日に47歳で死去し、跡を嫡男の定義が継いだ。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『上野沼田 土岐家譜』