土岐頼功

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

土岐 頼功(とき よりかつ、寛政12年(1800年)10月 - 天保14年4月24日1843年5月23日))は、上野沼田藩の第9代藩主。沼田藩土岐家12代。

信濃飯田藩堀親長の九男。正室は土岐頼潤の次女。子に鈴子(土岐頼之正室、土岐頼寧養女)、養女(西尾忠受正室、土岐頼布の娘)。官位は従五位下、山城守。

享和3年(1803年)10月11日生まれともされるが、江戸で生まれる。文政9年(1826年)11月16日、先代の頼潤が死去したため、その末期養子となって跡を継いだ。同年12月1日、将軍徳川家斉に拝謁する。同年12月16日、従五位下山城守に叙任する。文政11年9月1日、奏者番となった。天保11年(1840年)4月12日、病気を理由に奏者番を辞める。

天保の大飢饉では、領内に大被害を受けている。天保11年6月7日、隠居して養子の頼寧(頼潤の実子)に家督を譲る。天保14年(1843年)4月24日、44歳で江戸にて死去した。墓所は萬松山東海寺春雨庵。