土岐頼寧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

土岐 頼寧(とき よりやす、文政9年5月15日1826年6月20日) - 弘化4年8月10日1847年9月19日))は、上野沼田藩の第10代藩主。沼田藩土岐家13代。

正室は堀親寚の養女(秋田孝季の娘)。官位は従五位下、伊予守。

文政9年(1826年)5月15日、第8代藩主土岐頼潤の五男として江戸で生まれる。誕生後間もなく父が没したため、家督は堀家から養子となった頼功が継いだ。天保2年7月20日、頼功の養子となる。天保10年(1839年)7月28日、将軍徳川家慶に拝謁する。天保11年6月7日、頼功の隠居により家督を継いだ。天保12年12月16日、従五位下・伊予守に叙任する。弘化4年(1847年)5月26日、奏者番に就任する。同年8月10日、22歳で死去し、跡を養嗣子の頼之が継いだ。墓所は萬松山東海寺の春雨庵。