土岐頼殷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
土岐 頼殷
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛永19年9月3日1642年9月26日
死没 享保7年9月22日1722年10月31日
別名 兵部(通称
戒名 官成院俊巌紹英居士
墓所 萬松山東海寺の春雨庵
田中の増円寺
官位 従四位下丹後守、伊予
幕府 江戸幕府
主君 徳川家綱綱吉家宣家継
出羽国上山藩主→越前国野岡藩主→駿河国田中藩
氏族 土岐氏
父母 父:土岐頼行、母:福山氏
兄弟 頼殷頼長、頼賢
正室西郷延員の娘
継室牧野親成の娘
側室:渡辺氏
頼稔、頼郷(次男)

土岐 頼殷(とき よりたか)は、出羽上山藩の第2代藩主。のちに越前野岡藩を経て、駿河田中藩の初代藩主となった。沼田藩土岐家3代。

生涯[編集]

寛永19年(1642年)9月3日、上山藩の初代藩主・土岐頼行の庶長子として生まれる(寛永18年生まれとも)。寛文7年(1667年)12月、従四位下、丹後守に叙位・任官された。やがて、嫡出の弟であった頼長が病弱と不行跡を理由に父から廃嫡され、延宝6年(1678年)5月27日に世子となる。同年8月16日に父の隠居により家督を継いだ。ただ庶出だったためか、曽祖父の土岐定政以来続いていた山城守にはなれなかった(頼殷以降、しばらくは山城守に任じられなくなっている)。

元禄3年(1690年)12月に奏者番に任じられた。元禄4年(1691年)1月には大坂城代に任じられたため、その関係で所領を摂津河内・越前などに1万石加増の上で移封されることとなり、3万5000石の大名となる。この時期に河村瑞賢の為した第1期河内治水工事後の補修を怠ったために、再度の洪水に見舞われている。元禄5年(1692年)2月25日、越前野岡藩(今立郡野岡)に移封となる。

正徳2年(1712年)、駿河田中藩に移封された。正徳3年(1713年)7月、家督を長男の頼稔に譲って隠居する。享保7年(1722年)9月22日に死去した。享年81。