土岐頼潤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
土岐頼潤
時代 江戸時代後期
生誕 天明8年5月28日1788年7月1日
死没 文政9年9月22日1826年10月23日
改名 竜五郎(幼名)→阿部正直(初名)→土岐頼潤
別名 兵部(通称)
墓所 東京都品川区北品川東海寺春雨庵
官位 従五位下、山城
幕府 江戸幕府
上野沼田藩
氏族 阿部氏土岐氏
父母 父:阿部正倫、養父:土岐頼布
兄弟 阿部正精頼潤
正室:有馬頼貴の娘)
頼寧(五男)、次女(土岐頼功正室)
養子:頼功
テンプレートを表示

土岐 頼潤(とき よりみつ)は、上野沼田藩の第8代藩主。沼田藩土岐家11代。

生涯[編集]

天明8年(1788年)5月28日、備後福山藩阿部正倫の五男として江戸で生まれる。文化10年(1813年)3月19日、先代藩主の土岐頼布の養子となる。同年5月15日、将軍徳川家斉に拝謁する。同年7月8日、頼布の隠居により家督を継いだ。同年12月16日、従五位下山城守に叙任する。文政6年(1823年)5月29日、奏者番となる。藩政では農村復興や「間引き禁止の触書」などを制定するなど改革を行ったが、効果はなかった。文政9年(1826年)、39歳で死去し、跡を養嗣子の頼功が継いだ。