土岐頼知

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
土岐頼知

土岐 頼知(とき よりおき、嘉永元年(1848年) - 明治44年(1911年10月4日)は、上野国沼田藩の第12代(最後)の藩主。沼田藩土岐家15代。

人物[編集]

第11代藩主土岐頼之の長男[1]と言われているが、実は第9代土岐頼功の五男で天保13年(1842年)9月26日生まれともされる[2]。正室は松平信義の娘・萬千子[3]。継室は白石五郎八の娘・八重[3]。子は土岐頼敏(長男 1911年襲爵)[4]土岐章(七男[5] 1918年襲爵)[6]、米子(小山田信蔵室)[7]、幾子(大久保立室)[7]。江戸幕府での官位は従五位下隼人正。

嘉永元年(1848年)、江戸で生まれる(嘉永2年(1849年)9月26日生まれとも[3])。幼名は英之助。慶応3年(1867年)4月16日、先代藩主の土岐頼之が病気を理由に隠居したため、その跡を継いだ。翌年の戊辰戦争では4月に朝廷の命令で上京し、新政府に恭順の意を示した。留守中に新政府軍の沼田進駐を許し、三国峠の戦いで会津軍と戦っている。明治2年(1869年)、版籍奉還藩知事となり、明治4年(1871年)の廃藩置県で免官される。明治17年(1884年)に子爵となった[8]。明治30年(1897年)に正四位に叙せられ、後に従三位となった[7]

明治44年(1911年)10月4日[9]、64歳で死去した。墓所は萬松山東海寺の春雨庵だったが、現在は単立寺院となった春雨寺。

脚注[編集]

  1. ^ 『群馬県史 資料編12』 p.61
  2. ^ 群馬県立歴史博物館図録「第37回企画展「沼田藩―土岐時代の歴史と文化―」」43頁参照
  3. ^ a b c 『人事興信録. 3版』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  4. ^ 『人事興信録. 4版』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  5. ^ 『平成新修旧華族家系大成』下巻、147頁。
  6. ^ 『人事興信録. 7版』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  7. ^ a b c 『人事興信録. 3版』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  8. ^ 「華族令による最初の授爵」『時事新報』明治17年7月7日(新聞集成明治編年史、第五巻)(国立国会図書館デジタルコレクション)
  9. ^ 「華族薨去」『官報』1911年10月6日(国立国会図書館デジタル化資料)

参考文献[編集]

関連項目[編集]


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
沼田土岐家初代
1884年 - 1911年
次代:
土岐頼敏