土師甥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
土師甥
時代 飛鳥時代
生誕 不明
死没 不明
官位 勤広参
主君 天武天皇持統天皇文武天皇
氏族 土師宿禰
父母 父:土師根麻呂
宇庭
テンプレートを表示

土師 甥 (はじ の おい)は、飛鳥時代の官吏。宿禰。土師根麻呂の子。冠位は勤広参。

出自[編集]

土師氏は朝廷での土器製作・喪葬に奉仕した氏族で、『書紀』巻第一、神代上によると天穂日命を祖先としており、出雲臣と同祖である[1]。『書紀』巻第六によると、14代目の野見宿禰の時に「土師臣」氏を名乗った。元の姓は、のち[2]、土師連一族は、天武天皇13年(684年)の八色の姓で、宿禰を賜姓されている[3]

経歴[編集]

『日本書紀』巻第二十九によると、白猪史宝然(しらい の ふひと ほね)と共に「大唐学生」として唐に留学していたが、百済の役の時に大唐に捕らえられていた捕虜2名の送還も兼ねて、新羅から天武天皇13年(684年)、新羅送使の大奈末(だいなま)金物儒(こんもつぬ)と共に帰国した[4]

この出来事は大和政権にとって大事件であったとされており、『書紀』巻第三十では、持統天皇4年(690年)に、

大唐(もろこし)の学問僧(ものならふほふし)智宗(ちそう)・義徳(ぎとく)・浄願(じゃうぐゎん)、軍丁(いくさよほろ)筑紫国上陽咩郡(かみつやめのこほり)の大伴部博麻(おほともべのはかま)、新羅の送使(おくるつかひ)大奈末(だいなま)金高訓(こむかうくん)等に従ひて、筑紫に還至(まういた)れり

(大唐に学んだ学問僧智宗(ちそう)・義徳(ぎとく)・浄願(じょうがん)は兵士の筑紫国の上妻郡の大伴部博麻(おおともべ の はかま)が新羅の送使大奈末(だいなま)金高訓(こんこうくん)等に従って、筑紫に帰国した)訳:宇治谷孟[5]

という出来事があり、

大唐の学問僧(ものならふほふし)智宗等京師(みやこ)に至(まういた)る[6]

となったので、持統天皇は、

筑紫大宰(つくしのみこともち)河内王(かふちのおほきみ)等に詔して曰(のたま)はく「新羅の送使(おくるつかひ)大奈末金高訓等に饗(あへ)たまふこと、学生(もののならひひと)土師宿禰甥(はじ の すくね をひ)等を上送(おくりたてまつ)りし送使の例(あと)に准(なぞら)へよ(中略)」とのたまふ。

(筑紫大宰河内王らに詔して、「新羅の送使大奈末金高訓(こんこうくん)らの饗応は、学生土師宿禰甥らを送ってきた送使の饗(あえ)に準ぜよ(中略)」とおっしゃられた。)[7]

とあり、前例として史書に名前があげられている。

『続日本紀』巻第一には、文武天皇4年(700年)の大宝律令撰定の功で、刑部親王以下19人が禄を与えられたが、この中に「土師宿禰甥」の名前も、前述の白猪骨らと共に位階「勤広参」(従六位上に相当)で記載されている[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本書紀』神代上 第六段
  2. ^ 『日本書紀』垂仁天皇32年7月6日条
  3. ^ 『日本書紀』天武天皇13年12月2日条
  4. ^ 『日本書紀』天武天皇13年12月6日条
  5. ^ 『日本書紀』持統天皇4年9月23日条
  6. ^ 『日本書紀』持統天皇4年10月10日条
  7. ^ 『日本書紀』持統天皇4年10月15日条
  8. ^ 『続日本紀』文武天皇4年6月17日条

参考文献[編集]

  • 『日本書紀』(一)・(二)・(五)、岩波文庫、1994年 - 1995年
  • 『日本書紀』全現代語訳(上)・(下)、講談社学術文庫宇治谷孟:訳、1988年
  • 『続日本紀』1  新日本古典文学大系12 岩波書店、1989年
  • 『続日本紀』全現代語訳(上)、講談社学術文庫、宇治谷孟:訳、1992年

関連項目[編集]