土建屋よしゆき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
どけんや よしゆき
土建屋 よしゆき
本名 廣部 吉行
生年月日 (1955-10-25) 1955年10月25日
没年月日 (2014-07-31) 2014年7月31日(58歳没)
出生地 京都府京都市伏見区
死没地 京都府京都市
国籍 日本の旗 日本
職業 タレント
活動期間 1980年代 - 2014年
活動内容 ローカルタレント
著名な家族 妻、息子、娘
事務所 オフィスとんで
主な作品
紳助の人間マンダラ
クイズ!紳助くん

土建屋 よしゆき(どけんや よしゆき、1955年10月25日 - 2014年7月31日)は、京都府京都市伏見区に在住し、主に関西で活動していたタレント。本名:廣部 吉行。所属事務所オフィスとんで

概要[編集]

  • 本業は“土建屋(土木建設業)”の大型重機オペレーターであり、土建屋の格好をしているのが特徴。島田紳助とは学生時代からの同級生で、一時期は紳助の番組に多数出演していた。趣味はモータースポーツ全般。
  • 島田紳助が監督した鈴鹿8耐のレーシングチーム「チーム・シンスケ」ではピットクルーとして活躍。『紳助の人間マンダラ』(関西テレビ)出演時には番組からマレーシアを横断する国際格式のラリー「アジアクロスカントリーラリー」に長原成樹をナビに出場し、3位表彰台の実力を発揮する。免許は大型自動車大型二輪大型特殊、土木関係一式、4級船舶PADIなどを取得。気のおけない仲間たちと「チーム土建屋あほなおっさんブラザース」というツーリングチームを結成し、リーダーとして毎年、春から秋の好天に限りバイクツーリングを楽しんでいた。過去最大74台を引き連れての壮大なツーリングを敢行したこともある。
  • 『紳助の人間マンダラ』では、競艇ウェークボード、ミニバイク、カート、スノーボードといったスポーツを何でもこなし、紳助より“スーパー40歳”の称号を受けた。また、同番組において、「廣部 吉行と六甲アイランズ」というコーラスグループを結成し、紳助作詞、高原兄作曲のCD「大阪の女」を発売。
  • 一時期、仕事を巡って紳助と確執を起こしたため、一旦関係が断たれたが、その後、友人関係などは修復している。2009年の『FNS26時間テレビ』(フジテレビ)内の『笑っていいとも!増刊号スペシャル』のコーナー「テレフォンショッキング」に紳助がゲスト出演した際には、花を贈っている。しかし飾られたのはスタジオ内ではなく、ロビーだった。紳助引退後、土建屋に紳助から連絡があったそうで、「マスコミがいて、どこにも行けへん」、「助けてくれ」などとの弱音を吐いたという[要出典]
  • が全く飲めない。
  • 2008年9月に原因不明の大病である抗リン脂質抗体症候群を患い、一時は生死の境を彷徨うほどの重体だったが奇跡の復活を遂げ、『Like a Wind』(サンテレビ)に出演し、元気な姿を見せていた。その後、京都の病院で療養していたが、2014年7月31日肝不全のため58歳で死去した[1]8月3日に行われた通夜には紳助も参列し、8月4日葬儀・告別式にはオール巨人ら約200人が参列した。

エピソード[編集]

  • 妻との結婚前、デートで待ち合わせた際、現場から直接トラックに乗ってきた。妻曰く「埋められるかと思った」と言う。
  • 子供を動物園に連れて行った際に、間違った動物の名前を子供に刷り込み覚えさせて、妻と喧嘩になったことがある。

出演[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

CM[編集]

  • オウミ住宅(終了)
  • ゴルフキッズ (京滋地区・2005年5月 - )

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 訃報 オフィスとんで公式ホームページ 2014年8月1日閲覧[リンク切れ]