土御門泰誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
土御門泰誠
時代 江戸時代前期
生誕 延宝5年2月20日1677年3月23日
死没 元禄4年12月17日1692年2月3日
官位 従五位上弾正少弼
主君 東山天皇
氏族 土御門家
父母 父:土御門泰福
兄弟 泰誠、泰連、泰邦、繁原有名
養子:泰連
テンプレートを表示

土御門 泰誠(つちみかど やすまさ)は、江戸時代前期の公家従二位土御門泰福の嫡男。官位従五位上弾正少弼土御門家36代当主とされている。

経歴[編集]

15歳で元服して従五位上・弾正少弼となるが、程なく病死する。このため、弟の泰連が養子として家督を継承した。