土持頼綱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
土持頼綱
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 永禄11年2月21日1568年3月19日
官位 摂津守
主君 北郷氏
氏族 財部土持氏
父母 父:土持興綱
良綱、北郷久猶室

土持 頼綱(つちもち よりつな)は、戦国時代武将北郷氏の家老。末吉城主。

略歴[編集]

15世紀に滅びた財部土持氏の祖・土持景綱の子である秀綱の後裔。頼綱の祖先が北郷氏に仕えた経緯は不明である。

土持興綱[1]の子として誕生。永禄11年(1568年)、日向伊東氏との飫肥城攻防戦の折、総兵力1万3千の薩摩軍中の輜重隊を率いていたが、2月21日・飫肥城の兵糧困窮の報に、強引に物資を搬入しようとした所、小越と言うところで奇襲を受け曾和田新左衛門尉に討ち取られた。この際、他に北郷忠俊・本田親豊も戦死している。この後、末吉城は子・良綱が引き継いだという[2]

また娘が北郷家の分家・北郷久猶に嫁ぎ、娘一人と後の久武と久明を産んでいる。その縁からか、久猶の四男・大炊介太郎右衛門が良綱の養子として家を継いだ。

ちなみに、末吉領は頼綱の父・興綱が北郷氏より拝領したもので、北郷氏へは島津氏より贈られたものであるという。末吉城は極めて堅城であり、島津宗家の攻撃にも耐えた事も記録されている。

脚注[編集]

  1. ^ 永禄の頃の人物とある。
  2. ^ 元和元年。北郷忠能家中にて土持摂津介良綱・石高、来住口・三百五石六斗七勺八合と記録にある。