土支田村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

土支田村(どしだむら)は、東京府北豊島郡に存在した村。 土支田村は大村であったため、上組下組に分けられた後の上土支田村下土支田村も合わせて記す。 現在の練馬区土支田は、土支田村下組(下土支田村)の一部に過ぎない。 地名の由来は、土師田説、斎田説の二つがあるが、定かではない。

地理[編集]

歴史[編集]

  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行に伴い、明治の大合併が起こる。
    • 上石神井村、下石神井村、谷原村、田中村(飛地:田中新田)、関村を合併し北豊島郡石神井村となり、更に上土支田村を編入し、旧村名を大字とする。
    • 上練馬村は下土支田村を編入して東京府北豊島郡上練馬村となり、上練馬、下土支田、白子を大字とする。
  • 1891年(明治24年)6月15日 - 大字上土支田を分離。
    • 石神井村大字上土支田は大泉村大字上土支田となる。
  • 1932年(昭和7年)10月1日 - 石神井村・上練馬村・大泉村が板橋町上板橋村志村赤塚村練馬町中新井村とともに東京市へ編入され板橋区の一部となる。
  • 1947年(昭和22年)8月1日 - 板橋区から旧1町4村(練馬町上練馬村中新井村石神井村・大泉村)の区域が分離独立して練馬区となる。

寺院・神社[編集]

  • 北野神社 - 大泉村大字上土支田691番地、現東大泉4-25-4
  • 北野神社 - 上練馬村大字下土支田字俵久保、現土支田4-28-1
  • 妙延寺 - 大泉村大字上土支田926番地、現東大泉3-16
  • 妙安寺 - 上練馬村大字下土支田字後安、現旭町3-10
  • 本覚寺 - 上練馬村大字下土支田字西八丁堀、現旭町1-26