土曜の目覚めはどき生てれび

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
土曜の目覚めはどき生てれび
ジャンル 情報番組
出演者 当該節参照
オープニング Unlimited tone 『morning』
製作
制作 山口朝日放送
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
公式サイト
開始当初
放送期間 2015年4月11日 - 2018年3月31日
放送時間 土曜日 7:00 - 8:00
2018年度
放送期間 2018年4月7日 -
放送時間 土曜日 6:30 - 8:00
放送分 90分
テンプレートを表示

土曜の目覚めはどき生てれび(どようのめざめはどきなまてれび)は、山口朝日放送 (yab) で放送されている情報番組

公式サイト等を含めて『どき生てれび』の通称で呼ばれることが多い。

概要[編集]

2015年4月11日放送開始。2015年3月28日で終了した『どきどきマルシェ』の後続番組として立ち上げられた番組で、「“やまぐち”の週末に“どきどき”な情報を!」をコンセプトに、山口県内各所のイベント情報などを織り込みながら放送する。前番組の『どきどきマルシェ』と異なり、放送枠が60分となり、進行役に外部タレントを起用している。

みんなのレノファ[編集]

2018年4月7日放送分から、土曜朝に放送していたレノファ山口FC応援プログラム『みんなのレノファ』(9:30-9:40)を内包し、番組全体の放送枠を30分拡大した。

『みんなのレノファ』は元々レノファ山口FCがJリーグに参入した2015年から月1回、土曜午前の15分番組として放送開始したもので、2016年から毎週土曜日放送のレギュラー番組となったものだが、『どき生てれび』のプロデューサーである十川賢次の「ホームスタジアムをオレンジで埋め、地元・山口にサッカー文化を根付かせたい」との思いから、「サッカーに興味のない人、年配の方々にも見てもらい、レノファサポーターを増やす」ことを目的に、敢えて「情報番組の1コーナー」に“格下げ”したものである[1]。独立した番組であった名残として番組全体とは別にこのコーナーのみ別スポンサーがついている。

当番組に内包されて以降、放送時間が20-30分に実質的に長くなり、以下のような新たな「コーナー内企画」が立ち上げられている(不定期)[2]

戦術企画
サッカー解説者がマニアックな内容を易しく説明する。
2017年からDAZN配信のJリーグ中継の制作をyabが請け負うことになり、中継担当の解説者をついでに番組のゲストに呼ぶようになったがきっかけであるという[2]
みんレノ講座
コーナー担当の楢崎瑞がさほどサッカーに詳しくなかった(「ビルドアップ」という言葉すら知らなかったという)ことから、楢崎の肝いりで始めたコーナー[3]
ボスマン判決(サッカーの移籍ルール)」「Jリーグ中継スタッフの着用するビブスの違い」など、サッカー・Jリーグに関する疑問を扱う[3]
one way
選手の内面に迫るインタビュー企画。

なお、『みんなのレノファ』は、『どき生てれび』内のコーナー名であると共に、夕方のニュース番組『Jチャンやまぐち』内のレノファ山口FC情報コーナー名である[4]

もちまき情報[編集]

山口県ではイベントで餅まきが行われることが多く、週末にどのイベントで餅まきが行われるかを紹介するコーナーが存在する[5]。コーナー内BGMは北島三郎の「まつり

放送時間[編集]

出演者[編集]

進行役
コーナー担当
  • 楢崎瑞(yabアナウンサー、「チャンネルはそのままで」、みんなのレノファ担当)
  • マニィ大橋(映画コメンテーター、「マニィ大橋のどき生映画」担当)
  • えもとりえ(タレント、「生活向上研究室」「今日も健康! 幸せマス!」担当)
  • 高木正人(山口市湯田温泉「na no ha na」オーナーシェフ[6]、「お家でシェフレシピ」担当)
コメンテーター(いずれか1-2名が出演)
過去の出演者

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2018年7月7日=山田の住む福岡県が、大雨の影響により交通機関がストップし、番組出演を見送った。番組のエンディングで電話にて状況を伝えた。

出典[編集]

  1. ^ 飯尾 2019, pp. 3-4.
  2. ^ a b 飯尾 2019, p. 4.
  3. ^ a b 飯尾 2019, p. 5.
  4. ^ 2つの「みんレノ」”. yab「みんなのレノファ」 (2019年4月9日). 2019年5月31日閲覧。
  5. ^ “餅まきに熱い山口県、週末情報も充実「餅は拾うものだ」”. 朝日新聞. (2018年11月13日). https://www.asahi.com/articles/ASLCB469RLCBTZNB005.html 2020年2月5日閲覧。 
  6. ^ 12月15日のどき生てれび”. 土曜の目覚めはどき生てれび 公式サイト. 2019年2月27日閲覧。

参考資料[編集]

山口朝日放送 土曜7:00 - 8:00枠
前番組 番組名 次番組
たけしのニッポンのミカタ!
テレビ東京制作、6:30 - 7:25
【30分繰り上げ・5分拡大】
どきどきマルシェ
※7:25 - 8:00
土曜の目覚めはどき生てれび
-