土橋正幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
土橋 正幸
Masayuki Dobashi 1959 Scan10017.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都台東区
生年月日 (1935-12-05) 1935年12月5日
没年月日 (2013-08-24) 2013年8月24日(77歳没)
身長
体重
178 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1955年
初出場 1956年6月6日
最終出場 1967年10月9日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 東映フライヤーズ
    日拓ホームフライヤーズ (1969 - 1973)
  • ヤクルトスワローズ (1984 - 1986)
  • 日本ハムファイターズ (1992)

土橋 正幸(どばし まさゆき、1935年12月5日 - 2013年8月24日)は、東京都台東区出身[1]プロ野球選手監督、野球解説者。

現役時代は東映で主力投手として活躍し、引退後は東映・日拓ホーム・日本ハム、ヤクルトでコーチ・監督を務めた。

経歴[編集]

少年時代[編集]

東京浅草雷門の生まれで実家は鮮魚店だった[1]。戦時中は千葉の幕張疎開していたが、戦後、東京に戻った中学生の時に水泳部に所属する傍ら野球と出会い[1]、草野球チームの雷門サンダースに所属していた[1]

都立日本橋高校を卒業後、家業の魚屋で働く傍ら、浅草にあったストリップ劇場「フランス座」(現在は「浅草フランス座演芸場東洋館」に改称)が保有していた軟式野球チームに所属していた[2]作家井上ひさしともバッテリーを組んでいた。読売新聞が主催する23区の軟式野球大会に出場すると、フランス座は台東区の予選で優勝[1]後楽園球場で行われた本選では、第一戦で前年度優勝チームの府中刑務所を破った[1]

1954年秋に東映フライヤーズの入団テストを受ける友人に付いて行ったところ、友人は不合格となるが土橋は合格してしまい、入団することになった。土橋は家業の魚屋で使うような長靴でテストに臨んだが、普通は30球ほど投げるところを10球ほど投げたところでOKが出たという[3]

プロ野球時代[編集]

契約金はなく、月給は5,000円だった。合宿所の1日の食費が200円で月6,000円引かれたため、1958年まで4年間実家から毎月1万円の援助を受けていた[4][5]。二軍時代の練習は、午前10時から練習を始めて約1時間の投球練習(約150球)、次にフリーバッティングの投手を務め、それから二軍戦に登板。さらに土橋がモノになると見込んだ投手コーチ・今西錬太郎によって居残り特訓として約2時間の投球練習を課されるなど、1日の練習時間は7,8時間に及びほとんど投げてばかりいた。この過酷な練習のおかげで、一軍に昇格した頃には、目を瞑っていても外角低め・内角低めに思うままに投げられるようになっていたという[6]

入団3年目の1957年8月1日近鉄戦に完封でプロ初勝利を飾ると[1]、終幕までに5勝を挙げて頭角を現す。翌1958年には21勝(16敗)防御率2.12(リーグ6位)と東映のエースとなり、同年5月31日の対西鉄戦では、1回2死で登場した四番・大下弘から三番・中西太まで9連続奪三振の日本タイ記録[7]、そして沢村栄治の15奪三振を上回る1試合16奪三振の日本記録(当時)を樹立した。1959年杉浦忠(38勝)、稲尾和久(30勝)に次ぐ27勝に防御率2.36(リーグ5位)を記録した。

1960年は開幕前の調整がうまくいかなった影響で12勝23敗と大きく負け越したが、東映で2桁勝ったのも、200投球回以上投げたのも土橋だけだった[1]。球団から「12勝23敗だから年俸は10%ダウンだって言う。冗談じゃない。俺が一人で頑張ってんのに、何が10%だ」[1]。それで契約しないでいると、当時巨人のコーチであった川上哲治と選手の藤田元司から「巨人に来ねぇか?」と誘われたという[1]。土橋によると「いろんな条件面も言ってくれてね。年俸は東映の倍だって言う。それは私だってプロだもの、心動きますよ。川上は今日はオヤジ(水原茂)は他の用事で来られないと言ってたけど、実はもうその時点で、監督が川上に替われるのは決まってたと思うな」と語っている[1]。年が明けて土橋が東映と契約しないでいたら同年から東映の監督に就任した水原が「巨人の話は断った。俺は東映で契約のお金まで口出せる立場になった。だから減俸しない」と言われ東映に残留することになった[1]

土橋は水原について「水原は血もない涙もない監督だった。でも、監督はそれぐらいじゃないとダメ、優勝できないね。私は結婚して、仲人、水原だったけど、シーズン中、水原と会話もなかったし、一度も褒められたことがない」と語っている[1]。「巨人であれだけ実績を残した人が、東映へ来てまた一からチームを把握していったのだからすごい」とも語っていた[8]。東映が「暴れん坊チーム」と呼ばれたことについては「だって山本張本らがいただろう。見た目がそうだったんだよ」と笑い飛ばしていた[8]

1961年には30勝(16敗)防御率1.90の成績を残したが、同年に稲尾和久が42勝、防御率1.69を記録したため、土橋はいずれも2位に終わるなど、タイトルに関しては不運だった。1962年は17勝14敗、防御率2.38(4位)と勝ち星は伸びなかったがリーグ優勝に貢献。一方で3度のサヨナラ本塁打による敗戦を記録している[9][10]阪神タイガースとの日本シリーズでは全7戦のうち6試合に登板し2勝1敗と活躍。史上唯一、種茂雅之とともにMVPに2人選ばれた。第1,2戦で連続先発し、いずれも打ち込まれるが、第5戦で好リリーフを見せサヨナラ勝ち。甲子園球場での第7戦でもリリーフで登板、延長12回1死でマイク・ソロムコを三振、更にルーキー藤井栄治一塁ゴロに仕留め、この試合の勝利投手及びシリーズ胴上げ投手となっている。

1963年1964年は連続で20勝に到達し、7年連続2桁勝利を挙げた。しかし、1965年は肩痛もあって4勝[11]に終わると、1966年は復活して6月26日に6勝目を挙げるも、7月14日の近鉄戦で激痛に見舞われ[11]右わき腹の筋断裂で全治3カ月と診断され、以降シーズン終了まで登板なし[11]1967年になると、右手首痛や両足のアキレス腱痛もあって未勝利に終わり、同年限りで引退した[11]。通算162勝は球団最多記録。

元同僚の八名信夫と仲が良かった[8]

現役引退後[編集]

1969年から東映の二軍投手コーチ、1970年から1971年まで東映の一軍投手コーチを務めた。コーチ時代高橋善正ら5人の選手が門限を破り土橋に説教されたがそのうちの一人松本俊一が「僕らを殴ってください」と言いこれを聞いた高橋は「おいおい。やめろよ」と思い、土橋は無言で松本を殴り松本は4メートルも吹っ飛び1か月むち打ちに苦しむことになり、高橋と吉田誠も土橋に殴られた[12]張本勲ら選手からも恐れて、高橋は江本孟紀に「土橋さんに5、6人ぶっ飛ばされている。5メートルぐらいぶっ飛んだ奴はいくらでもいる。」と忠告した[13]。江本は著書の中で「最近はやたら科学的なトレーニングが取り入れられているが俺は土橋さんの鬼のような特訓[14]で成長させてもらったと思っている。それに土橋さんは怖い人だけではなく厳しさの中で愛情が感じられ、不思議と反発感情は生まれなかった。これぞ人徳だろう。今日の野球界に、土橋さんのような豪快と優しさを兼ね備えた人がいなくなったことを本当寂しく感じる。少なくとも投げられるピッチャー江本に育ってくれたのは東映であり、土橋さんだ」と記している[15]1972年から1973年までは東映・日拓の二軍監督を務めていたが、田宮謙次郎の監督退任を受け同年のシーズン途中(後期)より日拓監督を務め、ヘッド兼打撃コーチには選手兼任で張本が就任した。後期の成績は3位だったが球団が日本ハムへ身売りしたこともあり退任。土橋は「日拓で後期から監督になった時は、やりたくなかったのに説得されてだった。なのに球団身売りでサヨナラだからやってられねえよ」[11]

その後はフジテレビニッポン放送野球解説者、1981年オフには契約1年残して退団した山内一弘の後任監督としてロッテオリオンズから監督の要請受けるが断った[16]1984年からヤクルトの一軍投手コーチに就任。4月27日に監督の武上四郎が成績不振で休養、4月28日から監督代行となったヘッドコーチの中西太も不振と健康問題で休養し5月22日から監督代行として指揮を執った[17]。この時点で9勝25敗3分で最下位と低迷していた。6月15日から代行から監督に昇格し、8月に15勝10敗、後半戦26勝23敗2分で巻き返し最終成績は5位で3年連続最下位は免れた。1985年1986年と2年連続の最下位と終わりヤクルトの監督を退任した。広澤克実を我慢して起用し[18]、一塁手レギュラーとして、打率.253、本塁打16本、打点45を記録し、規定打席到達した。広澤は「野村監督が強いヤクルトをつくっていった事は間違いない。ただ、忘れてはならないのは、その前に土橋監督がいて関根監督がいたということ」「今思えば土橋監督はいろいろと苦労されていたと思います。78年にリーグ優勝した時の戦力がベテランの時期にさしかかっていることでしたし、起用してもらっている僕もなかなか結果で応じることができていませんでしたね。」と語っている[19]。選手兼打撃コーチだった若松勉栗山英樹のスイッチヒッターへの転向を土橋に進言し「『お前にそう(スイッチに向いていると)見えるのならやってみろ』と了解し[8]、若松は「栗山はその後、センターに定着して生まれ変わった」と語っている[8]

1987年から1991年までフジテレビ・ニッポン放送野球解説者、1992年、古巣・日本ハムの監督に就くが、契約を1年残して解任された[20]。当時の球団常務取締役・大沢啓二によると選手の代表、トレーナーやマネージャー、広報や通訳、いろんな裏方がみんな揃って「もう、ダメなんです。土橋監督と選手たちの関係は修復不可能なぐらいこじれちゃってるんです。」とこれを聞いた大沢は土橋を解任したと著書に記している[20]。後任監督は難航し[21]大沢が自ら就任した。なお、この日本ハム監督時代には退場させられたことがある(平和台野球場での試合。自軍攻撃時の一塁での判定を巡って塁審を両手で突いた)。当時日本ハムの選手だった大島康徳は「土橋さんは、本当はいい人なんですが、その表現が下手というか、選手との距離があった監督さんでした。当時のおとなしい選手たちには合わなかった。打てなかったわけではないのにオールスターが終わったらいきなりスタメン外され、プロ野球選手ですから結果が出ないじゃあ使わないなら納得するしかありませんがこのとき以外でも納得できないことが多かったんでメンタル的にだいぶやられました。実際、僕だけじゃなく、若い連中からもかなり不満が出ていましたね。監督は選手に好かれればいいというわけではありませんが、監督の動向は、選手みんながよく見ています。球界の大先輩に失礼かもしれませんが、僕自身が監督になったときの反面教師にもなりました」と述べている[22]。また監督時代は対戦相手の胴上げを本拠地で見させられる事が多かった(ヤクルト時代の1985年阪神・1986年広島、日本ハム時代は1992年西武)。

その後はフジテレビ・ニッポン放送野球解説者としてCSを中心に野球評論家活動をしていたほか、フジテレビONEで放送中の『プロ野球ニュース』にも出演。プロ野球マスターズリーグの東京ドリームス監督でもあった。並びに沢村賞の選考委員も務めていた(1990年代前半から2012年まで。2007年からは委員長も)。

死去[編集]

2012年9月に筋萎縮性側索硬化症の診断を受け自宅療養を続けていたさなかの2013年8月24日、東京都内の病院にて死去した[23]。77歳没。

死去後の8月27日東京ヤクルトスワローズ北海道日本ハムファイターズでは、試合前に黙祷を捧げ選手一同が肩に喪章をつけてプレーをした。同日ヤクルト対中日ドラゴンズ戦が行われた神宮球場には半旗が掲げられた。[24][25]また同日のフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」においては冒頭の内容を大幅に変更して土橋と親交が深かった解説者・選手・指導者(関根潤三大矢明彦平松政次谷沢健一。司会・金村義明遠藤玲子)を迎えて追悼コーナーが行われた。

選手としての特徴[編集]

稲尾和久は土橋について「スピードは僕よりあった。細かくコントロールするのではなく甘めでも打つなら打ってみろとばかりにストライクを投げ込む。」と語っている[11]。データ上でも無四球試合46は歴代4位[1]、与四球率1.21は通算2000イニング以上投球者では歴代1位と、四球を出さない投手だった[26]

人物[編集]

軟式野球から硬式野球に転向した異色の経歴ながら、「江戸っ子投法」と呼ばれる余計な駆け引きをしない投球スタイルで1960年代パ・リーグを代表するエースとして君臨した。ヤクルト監督時代には、その江戸っ子風の頑固親父的な雰囲気がその当時の下町的な球団イメージと合っていたためか、チーム成績は芳しくなかったにもかかわらず人気があった。フジテレビ「珍プレー好プレー」でも別に本人は特別に何かをしているわけではないのに「俺が土橋だ」的なコーナーがあった[27]

江戸っ子の土橋は「ひ」を「し」と発音する。「プロ野球ニュース」の解説をしていた時、広島(カープ)を「しろしま」と発音した[27]。それをアナウンサーに指摘されると怒ってしまい、土橋は以後「カープ」としか呼ばなくなった。

フジテレビ「プロ野球ニュース」解説者の谷沢健一とは犬猿の仲[27]。「プロ野球ニュース」の軟式野球の試合でアキレス腱を切った土橋に谷沢が「酔って階段から落ちて切った」とおちょくったのがその始まり[27]。その後番組中でも色々あって[27]、2006年シーズンオフの企画ではトーク内で土橋に茶々を入れた谷沢に対し、本番中に土橋が激昂している[27]。ただし、2008年には共演している。その後も、2011年12月24日放送の「プロ野球ニュース 2011 総まとめスペシャル」には、隣席で出演し、谷沢が「土橋さんに突っこめるのは僕だけ。」との趣旨の発言をしており、仲直りしていたと見られる。2012年のオールスター時の「プロ野球ニュース」では、「谷沢さんとも勝負したかったね。」と語っている。

「プロ野球ニュース」で自身の現役時代を振り返った中に、オールスターまでに20勝を挙げたシーズンがありながら、西宮球場ロベルト・バルボンの放った打球を処理した際に負傷したエピソードを明かしている。

フジテレビ系「殿様のフェロモン」に出演したことがある。番組は土橋がナインティナインをだますという体で進行し、特に理由も無く、ナインティナインの岡村隆史の顔面にパイをぶつけた(直前に岡村を抱えて落としたのは別人)。だまされた側の岡村は番組内で「土橋!」と数回呼び捨てにした。土橋は加害者にもかかわらず腹を立て、収録後のエレベーター内で「お疲れさまでした」と挨拶した岡村に怒りを露にしたという(岡村曰く「てめえ、このやろう。誰に土橋って言ってんだよ!」)。放送終了後、番組スタッフが土橋とその関係者に謝罪するまでに発展した。しかし、野球に疎い岡村は、ラジオ番組「オールナイトニッポン」で「呼び捨てしたのは、お笑いだから」「土橋は野球がうまかったのか?」と、横にいた相方の矢部浩之に同調を促した。2009年の書籍『ナインティナインのオールナイトニッ本 Vol.1』の付属CDでナインティナインはこの当時を回想し、岡村は「あれは完全に、私が言っている事が間違っている」とこの一件について謝罪している[28]

東映入団が決まった当初、母親は猛反対していたが土橋は「3年間で駄目だったら帰ってくる」と約束し既述の通り入団3年目の1957年に初勝利を挙げぎりぎりの所で約束を守った[29]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1956 東映 4 2 0 0 0 0 1 -- -- .000 29 6.1 9 1 2 0 1 3 0 0 8 8 10.29 1.74
1957 26 6 3 1 0 5 2 -- -- .714 386 97.1 79 2 21 0 4 74 1 0 31 27 2.48 1.03
1958 54 28 18 6 4 21 16 -- -- .568 1202 309.2 239 18 53 6 6 222 3 0 97 73 2.12 0.94
1959 63 34 21 1 10 27 16 -- -- .628 1336 339.0 293 23 43 6 4 217 2 0 101 89 2.36 0.99
1960 44 32 17 1 6 12 23 -- -- .343 1076 263.1 258 19 39 4 7 193 1 0 113 92 3.14 1.13
1961 63 37 25 9 10 30 16 -- -- .652 1538 393.0 313 23 45 5 6 298 2 0 111 83 1.90 0.91
1962 48 30 14 4 7 17 14 -- -- .548 1084 272.0 256 12 24 3 2 140 0 0 89 72 2.38 1.03
1963 53 32 15 1 5 20 16 -- -- .556 1210 301.0 279 31 36 2 13 169 1 0 128 102 3.05 1.05
1964 48 35 12 3 0 20 15 -- -- .571 1102 270.1 250 20 46 1 8 132 1 1 113 99 3.30 1.09
1965 24 17 3 0 0 4 10 -- -- .286 551 129.0 148 9 20 3 2 67 1 0 68 59 4.12 1.30
1966 19 15 6 2 4 6 6 -- -- .500 472 122.1 97 11 9 0 1 43 0 0 33 31 2.29 0.87
1967 9 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 62 15.0 16 3 1 0 0 4 0 0 9 9 5.40 1.13
通算:12年 455 268 134 28 46 162 135 -- -- .545 10048 2518.1 2237 172 339 30 54 1562 12 1 901 744 2.66 1.02
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別監督成績[編集]




























1973年 日拓 5位 130 55 69 6 .444 5位・3位 133 .254 3.97 38歳
1984年 ヤクルト 5位 130 51 71 8 .418 25 101 .264 4.76 49歳
1985年 6位 130 46 74 10 .383 26.5 143 .264 4.75 50歳
1986年 6位 130 49 77 4 .389 27.5 119 .252 4.27 51歳
1992年 日本ハム 5位 130 54 73 3 .425 26 99 .259 4.20 57歳
通算:5年 549 221 303 25 .422 Bクラス3回
  • ※1 1973年から1996年までは130試合制
  • ※2 1973年から1982年までは前後期制のため、ゲーム差欄は前期順位・後期順位の順に表示
  • ※3 1973年、田宮謙次郎監督の退任に伴い、後期開幕(7月27日)から監督に就任(65試合30勝32敗3分)
  • ※4 1984年、武上四郎監督休養後の中西太監督代行が休養した5月22日から監督代行。6月15日監督に就任(94試合42勝47敗5分)
  • ※5 通算成績は、実際に指揮した試合

表彰[編集]

記録[編集]

  • 9連続奪三振(1958年5月31日) ※NPBタイ記録
  • 56イニング連続無四球(1961年7月29日 - 8月23日)
  • 51.2イニング連続無四球(1959年6月28日 - 7月16日)
  • 通算与四球率 1.21(投球回2518.1/与四球339) ※2000投球回以上
  • 日本シリーズ1シリーズ6登板(1962年) ※シリーズタイ記録
  • オールスターゲーム出場:7回(1958年 - 1964年)

背番号[編集]

  • 51 (1955年)
  • 48 (1956年 - 1957年)
  • 21 (1958年 - 1967年)
  • 61 (1969年 - 1970年)
  • 73 (1971年 - 1973年)
  • 74 (1984年 - 1985年)
  • 81 (1986年)
  • 72 (1992年)

関連情報[編集]

出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『野球小僧 6月号 2012』白夜書房、白夜書房、2012年、P186-P195
  2. ^ 草野球出身土橋正幸、シーズン30勝!これで優勝だ!?
  3. ^ 週刊ベースボール 2020年6月8日号 連載『張本勲の喝!!』50-51頁
  4. ^ プロの給料5000円、軟式野球5試合やれば5000円、60年前のプロ野球の待遇はひどすぎた。合宿のご飯もおかわりダメ
  5. ^ 『豪球列伝-プロ野球不滅のヒーローたち』159頁
  6. ^ 『豪球列伝-プロ野球不滅のヒーローたち』160頁
  7. ^ 『豪球列伝-プロ野球不滅のヒーローたち』161頁
  8. ^ a b c d e 難病と闘った江戸っ子エース・土橋正幸さん ゆかりの人々からあふれる思い出話”. 産経ニュース. 2013年9月7日閲覧。
  9. ^ 前年までの日本プロ野球記録は2度であったが、この年近鉄バファローのルーキー徳久利明が土橋を上回る5度記録している
  10. ^ 宇佐美徹也『日本プロ野球記録大鑑』講談社、430頁
  11. ^ a b c d e f 『週刊プロ野球データファイル』2012年53号、ベースボール・マガジン社、P19-P20
  12. ^ 日刊ゲンダイ2015年7月29日号、高橋善正「プロ野球サムライは死んだか」第7回
  13. ^ 江本孟紀著、野球バカは死なず、文藝春秋、2018年、P91
  14. ^ 毎日の練習メニューが江本曰く半端なものではなく、うさぎ跳び100回、レフトとライトのボール間を全力で10本ダッシュ、腹筋と背筋を500回ずつでここまでがウォーミングアップでフリーバッティングに登板し約40分間。試合ではベンチ入りした
  15. ^ 野球バカは死なず、P102-107
  16. ^ 【虎番疾風録(39)】仰天ロッテ山本監督決定 産経新聞、2018年10月10日
  17. ^ 監督代行の代行/メモ
  18. ^ 【セ・パ誕生70年記念特別企画】よみがえる1980年代のプロ野球 Part.2 [1986年編] (週刊ベースボール別冊冬桜号)ベースボール・マガジン社、2019年、92頁
  19. ^ 週刊ベースボールプラス6 1950-2011 わが愛しのスワローズ 国鉄から始まった栄光の軌跡、ベースボール・マガジン社、2011年、P58-P59
  20. ^ a b 大沢啓二『球道無頼』(集英社、1996年)、P216-P220
  21. ^ 大沢は王貞治上田利治を候補に考えていたが、王は自身の活動スケジュール(主に世界少年野球推進財団の関連)の都合で辞退し、上田は好意的だった大社義規オーナー(日本ハムの前身は上田の出身地だった徳島県で起業した)以外の球団上層部の了解を得られなかったという。その後上田は大沢の後任として監督を務めた。
  22. ^ 週刊ベースボール2018年9月10日号大島流『危険球に負けない方法』【大島康徳の負くっか魂!!第75回】、79頁
  23. ^ 土橋正幸氏死去 東映の主力投手として活躍、ヤクルトの監督も スポーツニッポン 2013年8月26日閲覧
  24. ^ “ヤクルト&日本ハム 土橋氏しのび喪章でプレー 試合前には黙とう”. スポニチ. (2013年8月28日). https://web.archive.org/web/20160304125652/http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/08/28/kiji/K20130828006499390.html 2013年8月28日閲覧。 
  25. ^ 8月26日は試合がなかったため
  26. ^ 走り込み、投げ込みは必要か/上原浩治氏の投球論2”. 日刊スポーツ (2020年5月9日). 2020年5月10日閲覧。
  27. ^ a b c d e f 「特集 佐々木信也責任編集・プロ野球ニュース革命〜巨人、ON偏重報道から一線を画し、新たな野球の見方を提示した伝説の番組〜 『関根順三×佐々木信也×土橋正幸 ここからすべて始まった』」『野球小僧白夜書房、2010年12月、pp. 108-115。
  28. ^ 『ナインティナインのオールナイトニッ本 』(vol.1) ISBN 978-4847041945
  29. ^ ベースボールマガジン別冊夏祭号 1954-1972東映フライヤーズ暴れん坊伝説 ベースボール・マガジン社.2020年.p16-17

参考文献[編集]

  • 『豪球列伝-プロ野球不滅のヒーローたち』文藝春秋〈文春文庫ビジュアル版〉、1986年

関連項目[編集]