土田正光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

土田 正光(つちだ まさみつ、1944年8月1日 - )は日本の囲碁棋士木谷實九段門下、日本棋院中部総本部所属、九段。門下に小県真樹九段、松岡秀樹八段。日本棋院岐阜支部を創設。岐阜県での囲碁の普及に貢献している。

経歴[編集]

1961 入段
1962 二段
1963 三段
1965 四段
1966 五段
1969 六段
1972 七段
1974 八段
1979 九段

岐阜県岐阜市出身。1953年(昭和28年)ごろ、自宅隣の碁盤屋で故大平修三九段の父、憲治に碁の手ほどきを受ける。1955年には岐阜県のアマチュア囲碁タイトルを数多く獲得。1957年、中学入学と同時に木谷實九段の木谷道場(神奈川県平塚市)に入門、院生となる。1961年に入段。1972年、日本棋院岐阜支部を設立。碁席の経営を始める。1974年日本棋院理事。1975年結婚。1979年九段昇段。2005年現役引退。

棋歴[編集]

受賞歴[編集]

土田九段資料館[編集]

2007年、岐阜市西園町の日本棋院岐阜支部2・4階に開設。開館は毎月第1、2日曜日の午後。土田九段が幼少期から収集した資料を展示している。門下生時代の写真や、入段時の新聞、1992年に全国勝率1位となった際の賞状、現役約43年間の棋譜などの資料を見ることができる。