土運車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

土運車(どうんしゃ)は、 貨車の一種である。

概要[編集]

土砂運搬用の貨車であり、線路の路盤工事などに使われる。基本的には事業用貨車であるが、砂利輸送に使われることもあった。

日本国有鉄道(国鉄)における記号は登場時は(つち)の「ツチ」であったが、1911年(明治44年)の形式称号規程改正で「」となり、1928年(昭和3年)の形式称号規程改正で、砂利(じゃり)の「」となった。

初期の土運車は無蓋車に類似したものであるが、アオリ戸の高さが低いものが分類されていた。1921年(大正10年)に登場したリ2000形は荷卸しの便宜を図るため、左右に転倒可能とした。それ以降に製作された車両も同様の構造を踏襲している。

黎明期はどの鉄道でも土運車を保有していたが、自動車や土木機械の発達により次第に使用されなくなり、国鉄に在籍する車両は1985年(昭和60年)までに全廃され、現存しない。

主な形式[編集]

  • リ1形(8トン積み)
  • リ390形(8トン積み)
  • リ400形(10トン積み)
  • リ1900形(12トン積み)
  • リ2000形(10トン積み。荷台転倒式。旧テツ3000形(明治44年)
  • リ2500形(10トン積み。雪捨用。トム1形トム5000形、トム16000形改造)
  • リム1形(15トン積み。トム13100形、トム13500形改造)
  • リム300形(15トン積み。荷台転倒式。トキ900形改造車もあり)

参考文献[編集]