在チリ日本国大使館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
在チリ日本国大使館
Embajada del Japón en Chile
Avenida Ricardo Lyon embajada Japon 20171119 fRF01.jpg
在チリ日本国大使館の門扉(2017年)
所在地 チリ
住所サンティアゴ県プロビデンシア市スペイン語版英語版リカルド・リョン通り520
開設1909年2月(公使館)
1957年5月(大使館)
大使澁谷和久
ウェブサイトwww.cl.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/
在チリ日本国大使館の敷地(2017年)

在チリ日本国大使館スペイン語: Embajada del Japón en Chile / Embajada de Japón en Chile英語: Embassy of Japan in Chile)は、チリ首都サンティアゴにある日本大使館2020年4月22日より、澁谷和久特命全権大使を務めている[1]

沿革[編集]

  • 1897年9月25日、日本チリ修好通商航海条約が締結され、日本とチリの国交が正式に樹立される[2]
  • 1909年2月、サンティアゴ在チリ日本帝国公使館が開設される[3]
  • 1943年1月20日、チリが大日本帝国との国交断絶を宣言し[4]、サンティアゴの帝国公使館が閉鎖される
  • 1945年4月11日、チリが大日本帝国に対して宣戦布告する[5]
  • 1945年8月15日、第二次世界大戦の敗戦により大日本帝国が崩壊[6]
  • 1952年4月12日、来たる日本国の独立に先駆けて「在外公館の名称及び位置を定める法律」が制定され、在チリ日本国公使館の設置が定められる[7]
  • 1952年4月28日、サンフランシスコ平和条約の発効により日本国が独立、チリも同条約締結国のうちの一国[8]
  • 1952年10月17日、日本とチリの外交関係が再開される[2]
  • 1957年5月15日、サンティアゴの公使館が在チリ日本国大使館に昇格する[9]

所在地[編集]

日本語 チリ共和国サンティアゴ県プロビデンシア市スペイン語版英語版リカルド・リョン通り520[10]
スペイン語・英語 Av. Ricardo Lyon 520, Providencia, Santiago, Chile[10]

著名な在勤者[編集]

出典[編集]

  1. ^ 外務省 異動ニュース 2020年4月22日
  2. ^ a b チリ基礎データ | 外務省
  3. ^ 『白鴎法學 第4号』所収の中川清による論文「日本・ラテンアメリカ交流史(I)」(白鷗大学法学部1995年)、p.167, ll.12-13
  4. ^ Relaciones bilaterales entre Chile y Japón: consecuencias de la Segunda Guerra Mundial Universidad de Chile, p.7 (スペイン語)
  5. ^ Norman Polmar, Thomas B. Allen, World War II: the Encyclopedia of the War Years, 1941-1945,” Dover Publications, 2012, p.203 (英語)
  6. ^ 山田朗「日本の敗戦と大本営命令」『駿台史学』第94号、明治大学史学地理学会、1995年3月、 132-168頁、 ISSN 05625955NAID 120001439091
  7. ^ 法律第八十五号(昭二七・四・一二) | 日本国衆議院
  8. ^ VI 平和条約の批准・発効
  9. ^ 長谷川隼人「岸内閣の対外経済戦略におけるラテン・アメリカ: 日本人海外移民政策を利用した対中南米経済外交の模索」(一橋大学法学部、2010年)、p.158
  10. ^ a b 在チリ日本国大使館 | 外務省

関連項目[編集]

座標: 南緯33度25分34.3秒 西経70度36分27.5秒 / 南緯33.426194度 西経70.607639度 / -33.426194; -70.607639