在リヨン領事事務所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
在リヨン領事事務所
Bureau Consulaire du Japon à Lyon
Plaque du consulat du Japon à Lyon (2019).jpg
所在地フランスの旗 フランス
住所Le Prémium 7ème étage, 131 boulevard Stalingrad, 69100 Villeurbanne
座標北緯45度46分23.3秒 東経04度51分33.0秒 / 北緯45.773139度 東経4.859167度 / 45.773139; 4.859167座標: 北緯45度46分23.3秒 東経04度51分33.0秒 / 北緯45.773139度 東経4.859167度 / 45.773139; 4.859167
開設2003年1月10日
管轄オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏
総領事倉冨健治(所長)
ウェブサイトwww.lyon.fr.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/

在リヨン領事事務所フランス語: Bureau Consulaire du Japon à Lyon英語: Consular Office of Japan in Lyon)は、フランス南東部の主要都市リヨン郊外のヴィルールバンヌに設置されている日本領事事務所である。

歴史[編集]

「若月通り」を示すプレート(2019年)

大日本帝国時代、当地には在リヨン日本帝国領事館在里昂日本帝国領事館フランス語: Consulat du Japon à Lyon英語: Consulate of Japan in Lyon)が置かれていた。とりわけ、1920年大正9年)から1927年昭和2年)にかけて7年間リヨンで領事代理として奉職した若月馥次郎は、館務に精勤するだけでなくリヨンの官民とも幅広く親交しており、帰国後の1928年(昭和3年)3月に若月が享年47で没した後、彼の遺徳を偲んだリヨン市参事会は1930年(昭和5年)にリヨン市の新通りを「若月通り」(フランス語: Rue Wakatsuki)と命名するとの議案を満場一致で可決するほどであった[1]。但し、第二次世界大戦の影響で、遅くとも1945年(昭和20年)の戦争終結までにリヨンの帝国領事館は閉鎖されている。

2003年(平成15年)1月10日、在リヨン出張駐在官事務所[2]が開設された[3]2014年(平成26年)8月1日、当地の出張駐在官事務所が在リヨン領事事務所に改称される[4]

所在地[編集]

Le Prémium 7ème étage, 131 boulevard Stalingrad, 69100 Villeurbanne[5]

管轄地域[編集]

オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏を管轄[6]

出典・脚注[編集]

関連項目[編集]