在中日本人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
在中日本人
日本の旗中華人民共和国の旗香港の旗マカオの旗台湾の旗
総人口
中国:120,076人
台湾:24,280人
(2018年現在、日本国籍保有者のみ)[1]
居住地域
北京市大連市上海市広州市香港マカオ台北市高雄市
言語
日本語普通話広東語
宗教
仏教神道
関連する民族
日系人在香港日本人在日中国人

在中日本人(ざいちゅうにほんじん)とは、中国台湾で生活する日本人のことである。

2018年10月現在、中国に3ヶ月以上在留している日本国籍保有者の数は120,076人で、アメリカ合衆国在留に次ぐ人数となっている[1]。最も多い都市は上海市の40,747人[1]。台湾に在留している日本国籍保有者の数は24,280人[1]。中国在留者のうち永住者は2.7%で[1]、ほとんどの人は将来、日本に戻る予定がある。

歴史[編集]

第二次世界大戦前後[編集]

1932年3月1日満州国建国以降、日本の内地から満州への移住(満蒙開拓移民)が実行され、約32万人の開拓民が送り込まれることとなった。終戦に伴い、日本人開拓民らの集団引き揚げが実施されたが、敗戦後の混乱の中で総計2700人の残留婦人・残留孤児が日本への帰国を果たせなかった。

21世紀[編集]

両国間の貿易額の増加に伴い、中国の在中日本人の数は2011年までの10年で5万3000人から14万1000人と、約3倍に跳ね上がったが、2012年10月の150,399人をピークに近年は減少し続けている[1]。2012年9月に尖閣諸島国有化があった。

中国の在留日本国籍保有者の推移(香港を含む)[1]

在中日本人学校[編集]

日系中国人[編集]

日本にルーツを持つ中国国籍所持者は日系中国人(にっけいちゅうごくじん)という。

著名な日系中国人[編集]

脚注[編集]