在原守平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
在原守平
時代 平安時代初期 - 前期
生誕 不明
死没 不明
官位 従四位上左京大夫
主君 淳和天皇仁明天皇文徳天皇清和天皇陽成天皇光孝天皇
氏族 在原朝臣
父母 父:阿保親王
兄弟 兼見王、仲平、行平守平業平
行慶、源弘室、女子
テンプレートを表示

在原 守平(ありわら の もりひら)は、平安時代初期から前期にかけての貴族三品阿保親王の子。官位従四位上左京大夫

経歴[編集]

天長3年(826年)兄弟の仲平・行平業平と共に在原朝臣姓を与えられて臣籍降下する。

斉衡4年(857年従五位下に叙爵し、翌天安2年(858年大膳大夫に任ぜられる。のち、右衛門権佐民部大輔清和朝の前期から中期にかけて京官を歴任する。貞観15年(873年)頃に従四位下相模守に叙任されると、貞観16年(874年信濃守と清和朝末にかけては地方官を務めた。

貞観19年(877年陽成天皇の即位に伴って従四位上に叙せられる。のち左京大夫を務めている。

官歴[編集]

注記のないものは『六国史』による。

参考文献[編集]