在日ミャンマー人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
在日ミャンマー人
ミャンマーの旗日本の旗
総人口
22,519人
(2017年12月)[1]
居住地域
東京(主に高田馬場周辺)
言語
ビルマ語日本語
宗教
仏教イスラム教キリスト教

在日ミャンマー人(ざいにちミャンマーじん)は、日本に一定期間在住するミャンマー国籍の人々である。在日ビルマ人(ざいにちビルマじん)と呼ぶこともある。2017年12月末現在、日本で外国人登録されているミャンマー人は22,519人。[2]

概要[編集]

1980年代まで、日本に滞在するビルマ人留学生中心だった。1988年にミャンマーで軍事クーデターが発生して以降、民主化運動弾圧から逃れるために世界各国へ脱出するミャンマー人が急増し、日本を目指す者も増加した[3]

在日ミャンマー人の中には政治的な理由により、母国で迫害される可能性のある人々が多数存在する。そのため難民認定を求める者が多く、難民認定申請数や難民認定者数は国籍別でトップクラスである[4]2010年度からは日本でミャンマー難民第三国定住受け入れが開始され、日本政府タイに逃れたミャンマー人の中から毎年30人程度を受け入れる方針を取っている。[要出典]

都内には、いくつかのミャンマー人コミュニティがあり[5]、「リトル・ヤンゴン」と呼ばれている東京都新宿区高田馬場周辺をはじめ、豊島区大塚駅周辺などがある。こういったコミュニティ内にはビルマ料理[6]や雑貨店などがあり、また、板橋区中板橋近辺は、在日ビルマ人仏教徒にとって、心のよりどころとなっている上座部仏教僧侶説法などを受けることのできる重要な地となっている[7]

2015年に入り、ミャンマーでの民主化が進みつつあることから、在日ミャンマー人の中には、帰国をする者も現れている[3]

しかしながら、日本政府に難民認定される人はごく少数派である。[要出典]

脚註[編集]

関連項目[編集]