在韓日本人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
在韓日本人・日系韓国人
재한 일본인・일본계 한국인
日本の旗大韓民国の旗
Takuya Terada at 2015 Summer K-POP Festival.jpg
総人口
38,045名(2016年10月)
居住地域
ソウル釜山済州市
言語
日本語韓国語
宗教
仏教キリスト教統一協会、その他の新宗教
加藤清正の部下子孫・慶尚北道八助峠、1904年

在韓日本人(ざいかんにほんじん)とは、大韓民国(韓国)で生活する日本人のことである。

概要[編集]

日本統治時代には、多数の日本人が朝鮮半島に移り住んだが、太平洋戦争の敗戦に伴い、そのほとんどが日本へと引き揚げていった。残留した日本人または日系人は在日韓国・朝鮮人に比べて極めて少ない。

外務省によると、2007年10月現在韓国において滞在もしくは永住権を得た日本人は、23,267人となっており[1]、滞在理由としてはビジネス・結婚・留学がその大部分を占めている。

韓国における日本人妻[編集]

K-POP韓国ドラマなどの韓流ブームにより、韓国への移住を憧れたり、韓国人男性との国際結婚を夢見る若い日本人女性も少なからず存在し、韓国に永住権を持つ、もしくは長期滞在する日本人は、男性より女性が大幅に上回っており、2016年10月時点で13,500人に及ぶ[2]。また、韓国の法務部の出入国・外国人政策本部による発表では韓国に滞在する日本人配偶者は男性が1,229人に対し、女性は12,304人であった[3]

ただし、全ての国に共通して言えることだが、韓国でもDVは多く、韓国における外国人妻の半数がDV被害に受けていると台湾メディアは報道しており[4]、日本人妻もその例外ではない[5]ため、韓国ドラマで描かれる男性のイメージを真に受けてはいけないという意見もある[5]

韓国への帰化が叶わなずに年金を受給できなかったり、社会保険にも加入できないなど、最低限の福祉すら受けることが出来ず、苦しい生活を強いられているといったケースも見られる[6]

在韓日本人学校[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 外務省: 大韓民国
  2. ^ 日韓つなぐ日本人妻 多分野で活躍、橋渡し役に” (日本語). 西日本新聞ニュース. 2020年5月14日閲覧。
  3. ^ 韓国人の国際結婚相手 中国人が多い” (日本語). world.kbs.co.kr. 2020年5月14日閲覧。
  4. ^ 韓国に10万人以上の外国人妻、半数がDV被害に遭う―台湾紙 (2010年1月24日)” (日本語). エキサイトニュース. 2020年5月14日閲覧。
  5. ^ a b 韓国人の夫が結婚後に豹変 日本人の妻がブログで恐怖を語る” (日本語). ライブドアニュース. 2020年5月14日閲覧。
  6. ^ 芙蓉会について「韓国の日本人妻」